スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問者

2004年09月30日 23:24

本当は、今夜の会合(←ライファー的な・笑)が終わってから日記書こうと思ってたんですけど……。
や、過去の演劇雑誌を見せてもらう予定なんですよ。しかも、去年の「LILIES」の頃の。
その感想を、今日の日記に書こうと思ってたんですがね。
多分、正気を保てそうもないので無理かなぁ、なんて(爆)
冷静になってから、明日の日記にでもUPします。
リアルタイムな感想は、多分ここでは書けな……!(汗)


注文していた「訪問者」の文庫版が手元に届きましたv
これが噂に聞く「トーマの心臓」アナザーストーリーですかぁ。や、ちびオスカー可愛い!!
初演では、ちびオスカーって山本さんが演じておられたんですよね。
すげー観たい!!(←魂の叫び)
再演の岩崎ちびオスカーも観たいですが、やはり山本担当としてはね!
来年、20周年記念連鎖公演とかダメですか?(笑)
だってさー、ミレニアム連鎖公演は山本さん休団中だったしー(涙)
……もう気持ちが来年に行ってるって、どういう事よ(知らん)


何だか最近、OZモードだったりLILIESモードだったりトーマモードだったり、「パサジェルカ」に向けて全く盛り上がってない私ですが(爆)
や、気持ち盛り上げる為に原作注文したんだけど、届くの10月末だし。
とにかく日曜日の結果如何で、パサジェルカモードに入るはずです(希望)
うぅ、ドキドキしてきた……(汗)


そういえば、FCイベのチケットはまだ来ませんね。
もー、気長に待つしかないのかしら……(遠い目)
スポンサーサイト

ライフ貯金とかしようかな…。

2004年09月29日 23:25

「止まれない12人」のDVDを購入しようと思っていたんですが、やっぱり断念しました(汗)
や、代わりに「DAISY PULLS IT OFF」と「パサジェルカ」の原作本を注文したんですけど……えへv(←怖)
ご、ごめんなさい曽世さん(滝汗)
どーしてもどーしても欲しかったんですよーっ!何だか最近、ライフ上演作品の原作コレクター状態なんですよ!(汗)
ちなみに、上記2冊と「LIILES」は10月末頃届く予定とのことv
「トーマの心臓」「訪問者」「SONS」の文庫版は来週中には届くみたいだしv(注文してまで…)
そういや「遺る★」君のマキシシングルも注文したんだったv
あ、「パサジェルカ」の最優先結果も今週末じゃないですかv

……君(ていうかあたし)、ばっかじゃないの!?(by.姜アンテ)

ていうか、10月はダンスとFCイベで上京するっつーの(投げやり)
こうして続くライフ貧乏生活……(泣笑)
はぁ、「止まれない12人」と「痛くなるまで目に入れろ」またマンスリーショップに出てくれるだろうか……(溜め息)←自業自得


そういえば、FCイベのチケットまだ来ないですね。たしか「9月末発送予定」でしたよね?
……もう9月終わりますけど(ぼそり)
まぁ、予定ですものね予定(しつこい)
毎度毎度、チケットやら会報が届く頃は、こうして胃を痛めるんですよ(大袈裟な…)
なんか、ライフに振り回されてる人生だなぁ。
……いいのか、それで?(自問自答)

自愛人、再び

2004年09月28日 23:25

「ヴェニスに死す」を読み始めました。短いから多分今日中に読み終わるかな。
なんていうか…よく分からん話で(爆)
大まかな内容は知ってたんですけど、こんなに読み辛い文章だとは思いませんでした…(汗)
でも、たしかにライフには向いてる。
笠原さんのアッシェンバッハなんて、凄く素敵だったろうなぁ。
今やるとすれば、タッジオは及川アニキだろうか(児玉さんのタッジオも凄く観てみたかったけど)

昔の作品なんかも、またやって欲しいですね。
「ヴェニスに死す」は勿論、倉田さんのオリジナルとか。
「Troubador」に載ってる年表見ると、「リアルシンデレラストーリー」とか、すんごい気になります(好みの話っぽい)
「TAMAGOYAKI」なんかは、新人公演とかでやってくれないかなーv


そういえば、昨日のTop Stage追加情報。
祝☆笠原浩夫氏「カンテ~レ」出演!!
いやー再び王子が「カンテ~レ」にご出演だそうです!関西ライファーの皆様、おめでとうございます!
しかも、韓国ですって!?
あのアンケートの「韓国公演」は、この辺の絡みなんでしょうか(どの辺だよ)
まさか王子の独断と偏見ではあるまいな(有り得ません)
まぁ「今度は韓国で大暴れッ!(byヒロ様)」らしいですから、また一段とパワーアップされている事でしょう。
「カンテ~レ」、私はまだ一度も観た事が無いんですが、キョーレツらしいですねぇ自愛人(笑)
いいなぁ、YTV圏内に引っ越したいなぁ(←ちょっと真剣)
ていうか、DVD化して欲しいなぁ(←かなり真剣)


あっ!忘れてた!姜暢雄さん出演、NHK朝の連続ドラマ「わかば」。
昨日から放映開始だったんですよね(姜さんのご出演はまだですが…)
毎日録画しようと思ってたんですが初日から忘れてたので(爆)土曜日にBSで1週間纏めて放送される方を録画しようかと思います(苦笑)
ノブ君の出演はいつからなのだろう…。

Top Stage

2004年09月27日 23:26

今日はTop Stageの発売日でしたね。てなわけで、早速昼休みに買ってきましたv

予想通り、今回は「ドリアン・グレイの肖像」公演レポート。
取材が初日だった為、ドリアン役は両チーム共に山本さんでした。
改めて見ると、笠原ヘンリーと岩崎バジルのデカさにびっくりです(もっと他に言い様があるだろう…)挟まれてる山本ドリアンの小さいこと小さいこと(2回も言わんでも…)
変則Azureはこんなバランスだったんですねぇ。やはり、高根ドリアンあってこそのAzureだったのかなぁ、と変に納得(笑)
それはそうと、キャスト名の表記。AzuleとCrimzonになってました。あぁ、懐かしの間違い表記(チラシ参照)
せっかく公式やパンフでさりげなく訂正したのに、今更蒸し返さんでもっ!と思いっきりツッこんでしまいました…。頼みますよ、TS編集部さん(苦笑)
おそらく来月のLook at Star!も「ドリアン・グレイの肖像」公演レポートでしょう。
そして、来月のTop Stageではいよいよ「パサジェルカ」のインタビューなんかも始まるんですね!(と、勝手に予測してみたり)
あっという間に12月だわっ!(それはどうよ)
……こうして暮れていく1年……(汗)

あ、そういえば「痛くなるまで目に入れろ」のレビューも載ってました。
……曽世さんの写真載ってないし(怒)
や、正確には身体だけ写ってたんですけどね。顔映せ、顔!(何様)
折角の格好良い若頭が拝めなくて、ちょっぴり…いや、かなり残念でした。

ある意味コレクター?

2004年09月26日 23:26

「桜の園」と「ヴェニスに死す」を買ってきましたv
…や、本屋さんをふらふらしていたら、見つけてしまいまして(汗)
これであとは「訪問者」と「SONS」と「パサジェルカ」と「DAISY PULLS IT OFF」だっ!(←って買う気みたいですよ、この人…汗)
何かほとんどヤケになってる感じもあるんですが、こうなったら出来るだけ揃えたい…と思ってしまうのが微妙なファン心理なんですよね(笑)
友人に見せてもらった「陰陽師」も、やっぱり買おうかなぁー…。
ていうか「止まれない12人(2003年)」もうすぐマンスリーショップ終わっちゃうし(汗)
あぁあぁぁぁ(苦悩)
…でも、何だか幸せなんだよねぇ(←安い人間だから)

黒髪も素敵ですっ!(←担当バカ)

2004年09月25日 23:26

ちょっと疲れてまして、@niftyのシアターフォーラムを見に行ったんですが(や、可愛い山本さんが見たくて…爆)、過去の動画に「Troubador発売記念握手会」と「トーマの心臓(2003年)発表会見」があったので、早速見てみました。

まずは、「Troubador」。
HV13号で記事は少し読んだんですが、こんな感じだったんですねーvいいなぁ、楽しそうだなぁ!特に笠原さんが(笑)
王子、やっぱり冬でもカッコイイんですね(意味が分かりません)
ていうか隣にいる山本さんの小ささにビックリでした。白いタートルニット着てた…すんごい可愛かったです(うっとり)
例の曽世さんと海に入った写真のエピソードを披露なさっていて「ノーパンにジーパン」って嬉しそうに言ってました(笑)
これってたしか去年の12月にあった握手会ですよね。私がライフと出会ったのは今年の3月なので、それより更に前……とか思うと、何だか新鮮でしたねv山本さんはちょっと長めの茶髪。色はヴァリエ色?(どんなやねん)山本さんのちょい長めの髪って好きなので、嬉しかったです。

そして、「トーマの心臓」。
(舞台上ではないとは言え)初山本ユーリですよ!!←一応衣装は着てたから…。
スーテーキー!!(感涙)
黒髪の山本さん、とっても新鮮でした。これが噂に聞く山本ユーリかぁ…と思わずうっとり(笑)うぅ、これが見たいんだよあたしは…。
あと、NIROさん。ものすごい美人!本気でビックリしました(笑)いやー、色気が漂いまくってますよねぇ。この方のサイフリートって凄そうですね…。ていうか、山本ユーリに姜シェリーにNIROエリザって納得の美人血統!(笑)この並びはきっと圧巻でしょう(岩崎シェリーも美しいでしょうけど)
それと、少しだけゲネプロの様子が映されていたんですが、山崎ユーリを初めて見る事が出来ました。すごい。やっぱり永遠のユーリって感じ。漫画から出てきたみたいでビックリしました。あと、山崎さんて声が凄く綺麗なんですよね(今更…)

「パサジェルカ」や「OZ」でも取り上げて欲しいなぁ。

LILIES

2004年09月24日 23:27

TOPの写真を、白百合にしてみました(今までのは満月だったんですけど…分かり辛かった・爆)
造花なんですけどね、100円ショップで売ってるヤツ(笑)でもバックに黒い布を置いたおかげで、なかなか綺麗に撮る事が出来たと思いますv
白百合と言えば「LILIES」ですが、何かあの真っ白な舞台装置から、なんとなく「ドリアン~」なイメージでもあるようなないような…(曖昧でスミマセン)
でも、つい先日「LILIES」のDVDを再上映し再感動したばかりなので、やっぱ「LILIES」でいいかv(おい)
ちなみに、黄色い薔薇と赤い薔薇の写真も撮ったので、気が向いたら突然変えるかもしれません。


「LILIES」と言えば、素敵な台詞満載で大好きな場面がいっぱいあるんですが。
毎回毎回必ず泣いてしまうのはココです。

We met one winter morning.On the frozen lake.
An immense white desert...He lent me his coat.
My European clothes didn't suit the climate...I was cold...but not him.
The sun was blinding me...but not him.
I couldn't understand a word he was saying...We were so different...

楢原伯爵夫人を手にかけた山本ヴァリエが、ボロボロになって高根シモンとの出会いを語るシーンです(ていうかBLANC限定なわけじゃないですけど・汗)
ヴァリエの手紙も勿論大好きなんですが、どうしてもここで泣いてしまうんですよ…うぅ、思い出しても切ない(涙)
「LILIES」ってホント素敵な言葉満載!!原作が手元に届いたら、TOPにヴァリエの手紙を英文で載せようかな(笑)


余談ですが、「ドリアン~」で高根さん休演を聞いた時、激しく落ち込んだ私ってばこんな(↓)メールを友人に送ってました。
ヴァリエの言葉を借りて、高根さんへの想いを表したらしいです。

I love you and I shall wait for you forever.

……恥ずかしいヤツだな、自分(遠い目)

獅童さあぁぁぁんっ!!(涙)

2004年09月23日 23:27

今一番欲しいもの。それは……
「パサジェルカ」Cliff千秋楽チケット
ではなくて(爆)←いや、これはこれでめっちゃ欲しいけども(笑)
BSチューナー内蔵HDDデッキ
です。
や、昨夜WOWWOWでやってた「浪人街」の録画を大失敗しまして…(涙)
蜷川演出の「お気に召すまま」もWOWWOWでやるらしいので(←いつかは知らないけど)、これを確実に録画したいんですよね。成宮ロザリンドと小栗オーランドーを絶対逃したくない!!
ていうか「浪人街」すんごい楽しみにしてたのに…してたのに~っっっ(自業自得)
はぅ~…(溜め息)

それと同時に、シアテレにも入りたい。
今月、藤原さん客演のやつもやってたんですよね。あと「はたらくおとこ」も。
そうそう劇場通いも出来ない身なので、シアテレはかなり魅力的。
ただいま鋭意検討中です。

そういえば、そろそろ9月も下旬ですよね。
9月下旬と言えば、そろそろFCイベチケットが発送されるはず。
たーのーしーみーv
……でも、怖い(苦笑)
九段会館、デカいですからねぇ。せめて真ん中辺りで見たいものです。

ライフと関係無いようで少しライフな話。

2004年09月22日 23:28

同僚(♂)の携帯(会社用)の着信メロディが、最近まで「マツケンサンバⅡ」だったんですけど、今日鳴り響いたのは違う曲でした。それは…

「GOLD FINGER'99」

何で今更!?と思わずツッコんでしまいましたよ…。
ていうか、とっさに曽世さんを思い出した辺り、「あぁ、あたしってライファーだわ」と実感…(笑)


着信メロディ、皆さんは何使ってます?
私は…

Eメール:グノー「アヴェ・マリア」(オルゴール)
通常着信メロディ:ベートーベン「ピアノソナタ〈悲愴〉」

です(笑)
えー…、そっとしておいて下さい(微笑み)←痛いのは自覚してるらしい。

女船客

2004年09月21日 23:28

情報掲示板にも書き込みましたが、「パサジェルカ」の正式タイトルとチーム名が発表されましたね。
※以下「CUBIT NEWS Vol.048」より抜粋


「パサジェルカ 女船客~秘した過去が手招く旅路~」
原作:ゾフィア・ポスムイシ
脚本・演出:倉田淳
出演:Abyss(アビス〈深淵〉)チーム:曽世海児、舟見和利、岩崎大、石飛幸治
   Cliff(クリフ〈断崖〉)チーム:林勇輔、及川健、山本芳樹、笠原浩夫
   他劇団員
●12/2(木)~12/12(日) THEATRE1010
※CUBEプレオーダーは9/24(金)12:00~受付開始(詳細はCUBE公式HPをご参照下さい)


しっかし、すんごいタイトルですね!(笑)
火サスとか土ワイとかのタイトルかと思ったよ…。各チームの名前も、かつてないほどダークな感じ。ちょっとモードが「パサジェルカ」に切り替わってきた…かも。
個人的には最優先予約の電話もかけ終わったし、あとは結果を待つばかりですね。うーん、胃が痛いv(←小心者)


あっ!昨日の日記で書いた「LILIES」原作の件。
情報を下さった方をいらっしゃいまして、早速注文しました!(泉さん、有難うございましたv)
やー「LILIES」の正式タイトルって長いんですねぇ。

「Lilies or The Revival of a Romantic Drama」

なんですって。
“Romantic Drama”……うぅ、素敵な響き(感涙)
何だかわけもなくヴァリエの手紙を朗読したくなりますね!(ならないでくれ…)
原作は戯曲なので、全編英語だけど台詞だけだから読みやすいそうです。すんごい楽しみ!
ヴァリエの手紙とか、狐狩りのシーンとか、暗唱出来るようになりたいなぁ。……だからと言って、どこかで披露するわけじゃないですけど(汗)

そうそう。結局「アマゾン」で注文する事にしたんですが、ついうっかり「DAISY PULLS IT OFF」の原作と「パサジェルカ」の原作まで発見してしまいまして。
とりあえず今回は注文しなかったけど……買ってしまいそうだなぁ(笑)

祝☆「ドリアン・グレイの肖像」大千秋楽

2004年09月20日 23:28

「ドリアン・グレイの肖像」完全閉幕おめでとうございます!!

何かと波乱含みの今回、こうして無事に閉幕してくれて本当に嬉しいです。そして、寂しいです。また、次の公演を指折り数える日が……(笑)
何はともあれ、役者の皆様、そしてスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!
とりあえず労をねぎらって、また次の公演に向けて頑張って下さいv


改めて、「ドリアン・グレイの肖像」。
不思議と惹かれる作品だったなぁ、と思ってます。
話としては、はっきり言って救いようが無いし、後味は悪いんだけど、妙に印象深い。
たんに好みの話だったのかもしれないですけどね(笑)
今までのライフにはない、新たな魅力を発見出来た気もします(曖昧な…)
なにより、担当様が主役だったっていうのも大きいですけどね!(はいはい)
次の「パサジェルカ」でも、ライフの新たな魅力を見つける事が出来たら素敵ですねv


話は変わりますが、ライフで上演された作品の原作とかって、欲しくなりません?
今のところ「トーマの心臓」「月の子」「OZ」「歓びの娘 鑑定医シャルル」「死の泉」「ドラキュラ」「ドリアン・グレイの肖像」は持ってるんですけど(「桜の園」とか「ヴェニスに死す」とか「SONS」は検討中・笑)
そんなわけで、モーレツに欲しいのが「LILIES」の原作(戯曲)!!
ていうか、どうしたら手に入るのか検討もつかないんですが(滝汗)誰か「私持ってる~」って方いらっしゃったら、どうやってゲットしたのか是非教えて下さいませ(←他力本願)

最優先予約

2004年09月19日 23:29

出先のラーメン屋で最優先予約にチャレンジしました(←不審な客)
「パサジェルカ」に関しては行ける日が限定されているので、日程は迷わなかったんですが……ていうか11・12日しか空いてないので、選ぶ余地が無かったというか……(滝汗)
11日のマチソワに狙いを定めて、とりあえずソワレA楽の分を電話。
思っていたよりは簡単だったかなー。……ガイダンス長いけど(毒)
あとは、会員番号やら予約番号やら間違ってない事を祈ります(こわごわ)

それにしても、今回公演期間短過ぎ!!11日間ってアナタ……(汗)
ハコが大きいから、短い期間で一気に終わらそうという魂胆なのか(爆)
せめて2週間はやって欲しいなぁ。追加公演とかあるのだろうか(12日ソワレとか)
12日のB楽に行きたいんですよねー。情熱があれば、当日券とかチャレンジしようかな(ぼそ)


さて、来月はFCイベントですよね。
九段会館って会社の研修とかで行ったので、心情的には微妙なんですが(笑)
何はともあれ、気になるのは座席です。チケットって、9月下旬発送でしたっけ?
うぅ、ドキドキする(泣)

祝☆大阪開幕

2004年09月18日 23:29

「ドリアン~」もいよいよ今日からドラマシティ進出!大阪参戦の皆様、がっつり楽しんで下さいねv

私も大阪行きたいなぁ…。大阪公演って、評判良いんですよね!「トーマの心臓」2003年ではスタンディングオベーションもあったし…その興奮を味わいたい!!
来年の「OZ」は大阪あるみたいだし…行きたい…。千秋楽とかvこれは大阪遠征貯金しなきゃかも(笑)

あ、明日は「パサジェルカ」最優先予約開始じゃなかとですか!(誰だよ)私は外出先から参戦予定です。…早い順じゃないのは分かってるんですけど(笑)落ち着かないのでね~!
参戦の皆様、お互い頑張りましょうね!!

曽世シビルに山本モニカとかどうですか(聞くな)

2004年09月17日 23:29

「ドリアン~」も「痛く~」も終わって(私的に)、何だかちょっと寂しい今日この頃。
次は……山本さんのダンス公演ですv(むふふ)←怖い。
その後は、ファンクラブイベントでしょー。
10月もライフ断ち(何だそれ)しなくて済みそうですv

今日、慌てて舞台写真の入金してきました(すっかり忘れてた…危ねー危ねー)
結局「山本芳樹セット」と「高根研一セット」を購入。うーん、分かり易いよねあたし(爆)
そういえば、来月のファンクラブイベでもグッズ販売あるんですよね。何が売られるのか、今から物凄く楽しみです(ていうか、チケットはいつ来るのかしら…)
古いパンフの発売とかあるといいなぁ。初演・再演辺りの「トーマ」とか、再演「死の泉」とか。すっごく欲しい!
あと、今までのイベントみたいに、役者さんの写真セットとか。例えば「山本芳樹プライベートフォトセット」とかいかがですか!?(誰に聞いてんだ)
詳細情報が待たれますね(笑)

そういえば、昨日の「痛く~」マチネ。ライフご一行様がいらっしゃってたそうです。
何でマチネ!ソワレにして欲しかった!(笑)
曽世さんの普段とは違う演技に、皆さんきっと良い刺激を受けられたでしょうねv
や、アレをライフでやって欲しいとは思いませんけど(汗)ライフにはライフの良さがありますし。
でも、あの曽世女子高生を観た倉田さんが、「曽世シビルもいいわね~」とか思ってくれないかなぁ……とか思ったりして(爆)えーと、その時のモニカは、是非山本さんで!(笑)←いい加減にしなさい。

痛くなるまで目に入れろ

2004年09月16日 23:30

観てきました、G2プロデュース「痛くなるまで目に入れろ」!!
曽世さんが客演しているとはいえ、ライフ以外の舞台を観るのは初めてだったんですが、やー新鮮でしたv
そういえば、主宰と倉田さんがいらっしゃってましたね。ロビーでお見かけして、思わず「あっ!」って声を上げてしまいました(ごめんなさいごめんなさい・汗)でも、ここで反応してるのは確実にライファーだよねと思ったり…(笑)それにしても、倉田さんってすんごい小柄な方なんですねぇ。
あと、長塚圭史さんやらーめんずの片桐仁さんも見かけました。MAの秋山君に激似に人がいたんだが……あれは気のせいでしょう。
(※以下ネタばれです。観劇前の方は絶対に読まない事を強くオススメします!)

えーと、ストーリーについては割愛させて頂いて――ていうか、複雑過ぎてどう説明すれば良いのか分からないのが正直な所なんですけど(汗)要は究極の親馬鹿を描いた話なのかなー、ってとりあえず自己完結はしました。

んで、曽世さんです(すみません。完全に曽世さんしか観てなかったので、他の方については語れません・爆)
鰐淵組の若頭・中川は、前評判通り常に色気と殺気をぷんぷんさせていらっしゃいました。口癖のように「殺す」と連発し、口調は完全にヤクザ。歩く時はガニ股で、事ある毎にナイフを取り出す。組長の妹・美里を誘惑(?)する時なんて、うっとりするほどフェロモン放出でした。美里に「代わってくれーっ!」とか思った(爆)
でもね。やっぱりね、隠し切れないんですよね。何がって、品が!“品と色気”と言えば、マイ担当様の専売特許ですが(笑)曽世さんも、品と色気がある役者さんだなぁ、と思います。その“品”を感じるのは、セット転換時の動きだったりするんですけど、曽世さんの滑らかで美しい動きに、うっかり夢中になってしまいました(笑)
中川は最後には結局死んでしまうんですが(ていうか、親父と将以外皆死んじゃうけど…)、死に様がまた美しくて(はいはい…)ソファに凭れて天を仰ぐように絶命。その時の、仰け反った喉元が、かの山本ジョナサンの「すべらかな喉」に負けないくらいいやらしかったのが印象的でした(爆)

さて、かなりオイシイ役所だった中川若頭ですが……見せ場はここだけじゃなかったんですよ。ほんのチョイ役なんですが、誰よりも異彩を放って彼……否、彼女はそこにいたんです。
衝撃でした。まさか曽世さんの女子高生とレディースが観られるとは!!(爆笑)
まずは女子高生。赤チェックとプリーツミニスカートに、ベビーピンクのシャツ、白いニットベスト、赤いリボン、紺ハイソ、紺カバン、そしてストレートのロングヘア(ヅラ)。何とも可愛らしい女子高生ルック……でも、デカっ!!そして、胡散臭っ!でもキュートなんですよ~っ!(笑)会場も大爆笑でしたが、あれは山内さんも大爆笑だったのでは…。「(高校生に見えないのは)お互い様だろっ!」って台詞、絶対曽世さんに向かって言ってましたよね。
そして、レディース。こちらは真っ赤な特攻服に金髪パーマヘア。これまたキョーレツでございました(笑)でもね。見せ場はそこではなく、トイレに行ったレディースから中川若頭への早着替え!時間にしてほんの数分?戻ってきた時のキメ台詞は「お仲間(レディース)なら俺のパンチで便器に沈んでるぜ!」(笑)おいしすぎるよ、曽世さぁ~んv

そんなこんなで大満喫の観劇でした。本当はもっと語りたいポイント(ストーリーの事とか)とかあるんですけど、止まらなくなりそうなんでこの辺でv
強烈過ぎて、「ドリアン~」の記憶が吹っ飛んじゃったよ…(泣)

祝☆東京千秋楽

2004年09月15日 23:30

今日でいよいよ東京公演も終了です。
今頃舞台挨拶してるのかな~。観に行かれた方、どんな感じだったか教えて下さい(笑)

明日は午前中仕事をして、午後は「痛くなるまで目に入れろ」を観るために上京致します!
いよいよですよ、曽世アニキとご対面(笑)中川若頭、待っててね~ッッッ(浮かれ気味)
パンフとか、どんな感じなのかなぁ。G2のキャストインタビューも素敵でしたよねぇ…(うっとり)←例の「来いよな…待ってるぜ!」ね(笑)
ライフ以外での曽世さん、凄く楽しみです。

…ていうか、今日実はちょっとショッキングな事が…(涙)舞台観て元気になるぞーっ!

ライファーの宿命?

2004年09月14日 23:31

「ドリアン~」も今日でAzure楽、明日はCrimzonで東京千秋楽です。
高根さんの休演で、波乱の幕開けだった東京公演ですが、こうして無事に幕が降りる事が本当に嬉しいですね。
明日のCrimzon楽まで、どうぞサザンシアターの神様が見守って下さいますように。
そして、大阪ではドラマシティの神様、宜しくお願いしますv

そうこうしている内に、明後日は「痛くなるまで~」ですよ。
曽世さん、どんな感じなんでしょうね。めっちゃ楽しみですv勿論、山内さんと中山さんも楽しみ。
ていうか、ライフ以外のお芝居を観るのは初めてなんで、何だか緊張しますね。
そういや、G2今月のマンスリーショップで「止まれない12人」2003年版のDVD出てましたね!買わねば!!(笑)
曽世テロリストの車掌姿は必見らしいですからねぇv

ていうか、舞台写真の申込みって今週金曜日まででしたっけ!?(汗)
わ、忘れてた……。危ない危ない。
メモカも欲しいでしょー。
「パサジェルカ」の最優先もあるでしょー。
来月のイベントでもきっと色々買うでしょー(笑)
うぅ、ライフ貧乏だわ……(涙)

パサジェルカ

2004年09月13日 23:31

「ドリアン・グレイの肖像」絶賛公演中……ですが、12月本公演「パサジェルカ」の最優先予約案内が届きましたね。
誰しも思っているとは思いますが、とりあえず定番のツッコミ入れておきます。

早っ!!

まだ、東京公演さえ終わっていないのに……。毎度の事ですが、早過ぎですよね最優先予約(毒)
予約方法も、何やら変わっていますね。個人的には、こっちの方が(ちょっと面倒だけど…)良いかなー、と思ってます。
だって、当選結果の手紙(ハガキ)待つの嫌なんですよー(涙)待ってる間、すんごい胃が痛くなる。
今回も心配ではあるんですけど、とりあえず結果が分かる日がはっきりしてるし、チケットの発券がその場でって言うのも嬉しい。
とりあえず、今回日程が厳しいので要検討ですね。Bイベが1回きりって言うのがちょっと不安です。ていうかBは激戦っぽいなー、何となく……(汗)

キャストに関しては、原作が全然分からないので、見た所で「ふーん…」くらいのものなんですが(爆)とりあえず、担当様のご出演確定にほっとしております。久々に王子と同じチームって言うのも嬉しいですね(今回の変則キャストは別として)
相手役は、三作連続で及川アニキです(笑)うん、見た目のバランスは抜群ですしね。「夫婦」より「婚約者」ってのがまた合ってる気がする。楽しみです。
そして、曽世さんが主役!しかも女性役!これは楽しみですねーv曽世さんの女性役は「LILIES」伯爵夫人を拝見しましたが、生で観るのは初めて(チケット取れれば)。ダブルが林さんって言うのも注目です。
――あとは、高根さんが他劇団員に入っている事を祈るばかり(念)

ドリアン・グレイの肖像(その2)

2004年09月12日 23:31

~Crimzonチーム感想~
続いてソワレのCrimzonチーム。主要キャストをシニア・ジュニ1で固めただけあって、さすがの安定感でした。笑いを取りに行く回数も、若干Azureより多かった気がしますね(ていうか、笑いは楢原ヘンリーの独断場だった・笑)
まずは主要3人。演技力に定評のある楢原さん・山崎さんが脇を固め、山本さんは自然にドリアン・グレイを演じてらっしゃいました。高根ドリアンに比べ、登場当初から小悪魔要素が強かったように思いますが、堕落していく辺りの表現は圧倒的。ラストの咆哮(悲鳴?)も空恐ろしいものがありました。一幕序盤の「モデルはもううんざり!」や「連れてって下さい!」はさすがの可愛さでしたv
楢原ヘンリー。素晴らしいです。長台詞、すごく聞きやすくて理解しやすかった。身のこなしも貴族然として、品がありましたね!正直、華やかさには欠ける気もしましたが、それをカバーして余りある演技力に脱帽でした。山本ドリアンや山崎バジルとの掛け合いも絶妙で、「王者……ガオージャ(←変なジェスチャー付)」や「素敵ー……ステッキ」「ハリー!(山崎バジルがすかさずツッコミ)」では大爆笑。ラストで山本ドリアンと決別するシーンも、笠原ヘンリーの情熱的な表現とは対照的に、悲しみを堪える感じにうっかり感情移入してしまいました。
山崎バジル。説得力のあるバジルでしたね(ビジュアルも演技も)。岩崎バジルがドリアンに対して「崇拝」し「執着」していたとすれば、山崎バジルは「慈愛」だった気がします。ドリアンがヘンリーに影響されていくのを悲しみ、救おうとする。10歳の年齢差をリアルに感じたのは山崎バジルと山本ドリアンでした。
及川シヴィル。うぅっ、さすがです及川さん。何と言う美少女っぷり!!お見逸れいたしました…。溜息が出る程の美しさにうっとりでしたvただ、ジュリエットの演技の変化は分かり辛かったかも(汗)ドリアンに縋りつく様子は、及川さんだと一生懸命さが伝わってきて凄く切なかったです。
小野ジェイムズ。及川さんと並ぶと納得の美形姉弟でしたね。何て麗しい!粗末な格好なんだけど、美しさは滲み出てました。奥田さんに比べて抑えた演技で、本当に姉思いの優しい好青年って感じでした。好演だったと思います。
寺岡アラン。またしても医者(笑)でも前回よりずっと台詞回しが上手になられてませんか?納得のお医者様役でした!そして、山本ドリアンとの関係が何とも怪しい(爆)これは多分、山本ドリアンの妖艶な微笑みのせいだと思うんですけど「こいつら絶対過去に何かあった」と思わずにはいられなかった…。
佐野ヴィクトリア。いやー、さすがの安定感。そして綺麗!ゴージャスな美女でした。楢原ヘンリーとの関係は、微妙っぽかったですね。楢原ヘンリーが佐野ヴィクトリアに物凄く気を使ってるように見えました。


~シングルキャストやフレッシュの皆様~

河内ヴィクトール。今までで一番好きかも。鍵を外す時ちょっとあたふたされてましたが…。ドリアンへ掛ける声が温かくて素敵でした。
石飛ヴェイン夫人。まさにおっかさん!!子供達に対する愛情も分かりやすく、ジェイムズを抱き締めるシーンは胸に迫るものがありました。わざとらしく芝居がかって「シヴィルゥ~!」と言うシーンは爆笑。さすがです(笑)
藤原さん。要所要所で好きにご活躍!どれも素敵でしたvたくさん出てて、吃驚したけど(笑)
下井ロミオ。最高!!毎度毎度登場する度に笑わされました。ナイス大根役者!(笑)
吉田グラディス。絶品!!両ヘンリー卿との粋な掛け合いが最高に素敵でした。ビジュアルも抜群!脅威の新人ですね、吉田さん(笑)
Wマキューシオの大沼さんと荒木さん。笑ったのは大沼さん。分かりやすいダメ役者っぷりが素敵でしたv
Wメイドの三上さんと松本さん。いやー、相変わらず似合う!(笑)松本さんは可愛さに磨きがかかってた気がします。三上さんの力が抜けるような声も大好きです(誉めてます)


各チーム1回ずつの観劇になりましたが、あと1回ずつくらい見たかったなぁ。やっぱり聞き逃した台詞なんかもありましたし。
今回は、パンフとブロマイドセットを購入(高根さんのサインでした)。写真がいつになく絶品で嬉しかったですv一番のお気に入りは、稽古場の山本ドリアンです(やっぱりか)
ちなみにお土産のカレー。マチネを受け取りそびれ…ていうか、逃げました(爆)ああいうの受け取るの苦手で…(汗)申し訳なかったので、ソワレではちゃんと貰いました。昼間受け取り損ねた関戸さんから(笑)

ドリアン・グレイの肖像(その1)

2004年09月11日 23:32

逝って(誤字に非ず)きました「ドリアン・グレイの肖像」マチソワ観劇。マイ初日にしてマイ楽日(笑)
原作を読んだ段階から、正直色んな意味でかなりの不安を抱いての観劇だったんですが(不安については深くつっこまないで下さい…)、観てしまえばやっぱり入れるもんなんですね。
相変わらずのニュアンスレポ(捏造レポともいう)ですが、軽~く読み流して頂ければ幸いです(汗)

※以下ネタばれですので、ご注意下さい。


予想はしていましたが、完全に会話劇でしたね。膨大な台詞の量に役者さんもご苦労なさってるようですが、聞いてるこっちもいっぱいいっぱい(あたしの頭が足らないからだろう…)日常会話では聞かない言葉遣いに当初は戸惑いましたが、両ヘンリー卿の長台詞聞いてるうちに慣れました(笑)

そして、行く前に最も心配していた肖像画。思っていたより…ていうか、かなり良かったです。赤ドリアンも青ドリアンもそっくりでした(デジタルで写真取り込んだりしたのかも…)変わり果てていく過程は、正直軽くホラーでしたが(汗)怖かった分、最後に元の美しい肖像画に戻った時せつなさ倍増でしたね。怖さでは山本ドリアンの肖像画に軍配。高根ドリアンのは「老いていく」感じでしたが、山本ドリアンのは「醜くなっていく」感じだった。夢に出そうですよ…(汗)

あと舞台セットと衣装。今までで一番好きかも!効果的なカーテン、階段、屋根裏部屋のセット、登場する小道具(調度品とか花壇とか)、華々しい衣装。素晴らしい出来映えでした。特にジュリエットの衣装!絶品!すんごい華麗かつ豪奢で、うっとりものでしたv上からストーンッと落ちてくるスクリーンは、時々落ちるスピードがめっちゃ早くて「役者さんにクリーンヒットするんじゃ!?」と冷や冷やしてましたが(爆)全然大丈夫でしたね。←ちゃんと舞台に集中しなさい。


~Azureチーム感想~

まず、マチネでAzureを観劇。前評判通り、ビジュアル系の「ドリアン・グレイ~」でした。高根ドリアン・笠原ヘンリー・岩崎バジルが揃うとすんごい大迫力で、でかっ!舞台狭っ!とつっこまずにはいられませんでしたね…(笑)でも、見た目のバランスは抜群でした。
まずは主要3人。何だか力関係が「笠原ヘンリー>高根ドリアン>岩崎バジル」に見えて仕方ありませんでした…(汗)ていうか、笠原ヘンリーが高根ドリアンと岩崎バジルを翻弄してる感じ。岩崎バジルは笠原ヘンリーから高根ドリアンを遠ざけたくて必死。笠原ヘンリーは、そんな風に岩崎バジルが慌てるのも楽しんでる風(笑)笠原ヘンリーの余裕綽綽な感じが、めっさ素敵でしたね。
高根ドリアンは笠原ヘンリーに、まさに「翻弄」され「影響」されていました。不安を覚えながらも、惹かれてしまう。それゆえに、堕落していく過程も苦悩に満ちていた気がします。苦しんで苦しんで、悪い事だと分かっているけど止まらない。気付いた時にはもう遅かった…って感じでしょうか。ラスト、感情移入しやすかったのは、高根ドリアンでした(同情し易かったのかな?)
岩崎バジルは、本当に高根ドリアンを崇拝してましたね。ていうか、岩崎さんて爽やかなイメージが強かったので、こんな粘着系な役も出来るんだ、と驚きました(爆)良い意味で裏切られました。
林シヴィル。相変わらず美しい声と流れるような発音でうっとりものでした。ジュリエットの演技の落差も、分かり易かったです(上手いジュリエットの時は鳥肌立ちました…)。高根ドリアンに縋りつく様は鬼気迫ってて、本気で怖かった…。熱演でしたね。
奥田ジェイムズ。さすがの滑舌(毎回言わねば気が済まんのか…)そして、シスコン思い込み少年を演じさせたら右に出る者はいないかも!(どんな誉め方だ)感情の昂ぶりが激しい役は奥田さんにピッタリですね。
牧島アラン。「DRACULA」に引き続きお医者様の役。しかも今度は死体処理!聞き取りやすい台詞回しと声は、さすがだなぁと思います。高根ドリアンとのただならぬ関係は、かすかに匂わせる程度だったかな?
篠田ヴィクトリア。美しい!(驚愕)や、久々に見る女役の篠田さんはかなりの美女で、吃驚しました。笠原ヘンリーとの愛のない関係が露骨で、見てて切なかったです…。高根ドリアンに対する複雑な心境は、台詞や仕草に滲み出てましたよね。篠田さん、やっぱり上手だなぁ。

Crimzonの感想は12日の日記で(爆)

前夜祭!!(←気持ちだけ)

2004年09月10日 23:32

いよいよ明日ですよーっ!うぅ…緊張してきた(何でお前が)
初のマチソワ観劇。マチネがAzure、ソワレがCrimzonです。

まずはでっかいチームからですかー。
高根ドリアンと笠原ヘンリーと岩崎バジル、あーんど林シヴィル。
岩崎さんを舞台で観るのは初めて。「BSトーマ」のアデールと、「ほーむめーかー」の川上さんしか観た事無いんですよ。初のナマ岩崎さん。楽しみv
ていうか、高根さんを舞台でちゃんと観るのも、何気に今回が初めて(笑)いくら高根ペトレンコにフォーリンラブったとはいえ(爆)あれをカウントするのは自分でもどうかと思うので…。どーしよ、最近高根さんへの熱が急上昇だから、色んな意味で怖い…。
林さんの女性役を拝見するのも初めてです。前評判高いですものねー。すんごく楽しみv
笠原さんに関しては、ぶっちゃけ何の心配もしてないので(笑)相変わらず素晴らしいであろうスターオーラと存在感と耽美を堪能してきますv

そしてちっこいチーム(笑)
何と言ってもマイ担当様のタイトルロール!!公式TOPを見る限り、今回もビジュアルは問題無い!(←私的に)悪の華に染まっていく過程を、存分に堪能させて下さる事と思っております。
楢原さんも、舞台では初見です。実は一番期待大なので…楽しみだなぁ。きっと今回も上手い!と私を唸らせて下さる事でしょう…(←BSトーマのシュバルツが忘れられない人)
山崎さんは、岩崎さんとの対比がすごく楽しみ。全然違う感じになってそうだなぁ。山本ドリアンと、どんな感じで絡んでくるかに注目です。
及川シヴィルさんは、さぞ美しくおなりでしょう!ていうか、100%信頼してます(笑)ジュリエットを演じるシヴィル、楽しみv

明日はそんなわけで真夜中帰宅、そして日曜日はコンクールがあるので(←吹奏楽の)日記も2日間凍結状態になると思います(汗)このサイト、日記しか更新するとこないのに…(爆)
月曜日に一気に感想UPすると思いますので、お待ち下さいね(誰も待ってないって)
速報感想は、ネタばれBBSに書き込みます(笑)

単価200円でバラ売り希望。

2004年09月09日 23:33

皆さんはもう、舞台写真の申し込み済まされましたか?
私はまだ悩んでます。
とりあえず、高根研一セットと山本芳樹セットは確実にお買い上げ決定なんですが……誰ですか、白い目で私を見るのは。
だって担当様のを買うのは基本じゃーんっ!
高根さんセットには担当様2枚も写ってるじゃーんっ!(後姿だけどさ…)
……だからやっぱ買うしかないかな、ともっともらしい理由をつけてみたり。
そんな理由で、楢原さんセットの購入も検討中です。楢原伯爵夫人と山本ヴァリエの2ショット大好きv(勿論、楢原さんご本人も大好きです)
あと迷ってるのは曽世さんとー(単純に好きだから)、小野さんとー(顔が好きだから)、甲斐さんとー(及川子キンシー狙い)。
……全部買ってたら一体いくらに(汗)
ていうか、何気に来月のファンクラブイベントでも発売されるんじゃ――って疑ってるんですけど、どーなんでしょうね(笑)古いパンフとか欲しいなぁ……。
や、その前に「ドリアン~」で何のグッズが発売されているのか、それが大問題なんですけどv

何はともあれ、今は「ドリアン~」ですよね。
いよいよ明後日ですよ。マイ初日にしてマイ楽日(笑)そして初のマチソワ!
原作読んだ時は、あの膨大な量の台詞に結構ぐったりだったんですが……大丈夫だろうか(汗)マチネとソワレの間、そんなに時間空いてないですよね。すんごい、いっぱいいっぱいになりそう。
そういえば前回「DRACULA」を観た時は、LONGITUDEとLATITUDEは1週間空けて観ました(ていうかLAを発作的に観に行ったんだけど…)。あの時は、LA観る時点ですでにLOの記憶が薄れてて、もう一度LOを観ようか悩んだんですよね。
マチソワが良いのか、日を置いて観るのが良いのか。自分にはどっちが向いてるんでしょうねぇ。
そんな事も確かめられそうで、不安もありますが、楽しみで仕方ありません(目的ズレてる…)

そういやオフィのTOPが変わり、CRIMZONチームになっておりました。
山本さん、パーマヘア……!?(驚愕)
――と、ちょっと驚きましたが……やっぱ可愛いv(所詮、担当バカなんで)
楢原さんが、写真でしか見た事ないけど「THREE MEN~」のジョージに見える……(汗)
ていうか山崎さんが、オフィの劇団員紹介の写真と同じ髪型だー……某有名作曲家に似てませんか(爆)
どうしよう、違い意味で不安になってきた……(滝汗)

Das Herzklopfen Des Jungen Thomas

2004年09月08日 23:33

ドリアン観るまで語るネタもないので、ライフにハマったきっかけなんぞを、ちょろっと書いてみようかと。
……すっごい下らないので、お暇な方のみお読み下さいv(爆)


そもそも、ライフ初観劇は「MOON CHILD~月の子~」でした。
3年も前からライファーやってる友人に誘われたのがきっかけです。あとは原作がものすごーく大好きだったので。
……もう色んな意味で衝撃でしたね。それなりに不安を抱えて行ったんですけど(女性役とか…あとは舞台演劇自体に偏見があったので・汗)観終わった時はそんなものは忘却の彼方でした。
ちなみに、Serenadeのみの観劇でした。Nocturneにも興味はあったんですが、わざわざ当日券取ろうとまでは思いませんでしたね(ていうか当日券の存在自体知らなかったけど)
今思うと、惜しい事をしましたねぇ。高根ショナと芳子さん見逃した(涙)
この時点でかなりライフに興味は沸いたんですけど、FCに入ろうとまでは思いませんでした。

その後、私のライファー入りを決定的にしたのが「トーマの心臓」でした。BSで放送された連鎖公演のビデオを、友人に借りて観る事が出来たのです。
えーとにもかくにも、曽世ユーリ!!
もう本当に素敵で……すっかり曽世さんの魅力にノックアウトされました。演技に関してはド素人もいいとこなのでよく分からないんですが……。
その声・表情・立ち居振舞い、全てにうっとり。特に、無理して優等生を演じている時の、あの爽やかっぷりがツボだった……舟見アーダムと青木イグーに宿題の手伝い頼まれてるあたりね!(いちいち細かい)
笠原オスカーや楢原シュバルツ、及川エーリクも勿論素敵でした。でも、一番心を掴んだのは曽世ユーリだった。今思うと、ただ単に曽世さんの演技が好きなのかもしれないんですが(笑)とにかく曽世ユーリに夢中だったんですね。
この頃でした、FCに入ろうと決めたのは。

けれど、すぐに「曽世さんを担当様にする」事には踏み切れなかった。気になる方がもう1人いらっしゃったんですよ。
えーと、山本さんなんですけど(笑)
「MOON CHILD~月の子~」のセツが、どーしても忘れられなかったんです。一目惚れしたのは及川ジミーだったけど、いつまでも忘れられなかったのは山本セツだった。
悩みましたね。今のテンションを信じて曽世さんにするか、それとももう少し様子を見るか。
結局、「LILIES」DVDの到着を待ってから決める事にしました。
……結果はご存知の通りです(爆)


結局何が言いたいのか、よく分からない日記になってしまいましたね(意味不明なのはいつもの事だけど)
とりあえず、私にとって「トーマの心臓」がライフにハマるきっかけだった――と、「HERO Vision Vol.10」を読んで思い出したので、こんなん書いてみましたv

趣味:しょうぎ(笑)

2004年09月07日 23:33

さて、昨日の日記で書いた「HERO Vision Vol.9&10」について語りますよv(やる気まんまん)


まずは、Vol.9。
インタは笠原さんを中心に展開されてましたね。さすが看板(笑)てかこの面子だと引率の先生みたいだよね、笠原さん…。

高根さんは相変わらず口数少ないですが、やっぱりここでも言ってた。

「岩崎はね、小道具の担当をやってるんですよ。器用だよね」

何か事ある毎に言ってませんか高根さん…同期自慢?(笑)ジュニ3って仲良いんだなぁ…。
あとは、ここ。

「(サイフリート役が)でも、出番までヒマでヒマで!楽屋に誰もいなくなっちゃって、ずっとひとりなんですよね。笠原さんが2分くらい帰ってくるだけ。それが嬉しくて、『あ、誰か来た』って(笑)」

……意外と淋しがり屋さん?(爆)ていうか、そんなキャラなん!?うっかり捨てられた子犬のよーな目をしてる高根さんまで想像してしまいましたよ、あたし(それもどうよ)
そして、何と言ってもここ。

高根「あ、そういえばオレ、笠原さんにビンタされたことあります」
笠原・高根「愛のムチ!」
笠原「ふたりの約束がありまして。それを彼は破ったんですよ。叩いたオレも痛かったー…」

――一体どんな約束を!?
もうコレ読んでから、それが気になって気になって!考えすぎて頭痛までしてきましたよ!(アホ過ぎ)
それにしてもビンタ……ビンタですかー。はー、痛そうですね(笑)


高根さんと言えば(唐突だな)、プロフィールと一問一答がまた笑える(笑うな)
「Q.初めてファンになったのは?その理由は?」との問いに、「A.仮面ライダー。強いから」とのこと。……可愛いなぁ(爆)その流れで、今は笠原さんに憧れてらっしゃるんでしょうか。強いから?(笑)←違うだろ。

そういえば、はじめてやってバイトは「16の時、BARで」だそうです。
BARってお酒扱うお店ですよね。16歳?……年齢詐称して?
さすが、高根さん。高校生時分から肝が据わってたんですねぇ(そういう問題か)

そしてこれからやりたいのは「店だす。」こと。
……本気なんですか。もし本当に出たら、どんなに遠くても通いますよあたし(爆)


そんなこんなで(高根研一を)大満喫の「HERO Vision Vol.9」。
……あ。Vol.10を語るスペースがもう無いっ!(笑)
それではまた後日v

改めて、祝☆高根ドリアン復帰!!

2004年09月06日 23:34

本日「ドリアン・グレイの肖像」ソワレにて、AZUREチームが本来の形で開幕致しました。
てなわけで、

高根さん、復帰おめでとうございますっ!!

……昨日も叫んだのに、まだ叫びたりなかったみたいですね(微笑)
どうやら無事に幕は上がり、高根ドリアンさんは元気に頑張ってらっしゃったそうですv
声の方も、元に戻ったのでしょうか。
とにもかくにも、両ドリアンさんにお会い出来るまであと5日!う~楽しみぃ!


先週の金曜日に出張で上京したのですが、その帰り上野駅の本屋さんに立ち寄ったら、そこには罠が待受けてました。
……HERO Visionのバックナンバーがズラーッと並んでたんですよ……。
地元の本屋では絶対有り得ない光景に、思わず我が目を疑いました。そして、思わず喉が鳴った(笑)
バックナンバーは、7,8,9,10,13,14が置いてありました。すかさずチェックする私。ライフ関係の記事が載っているのは4冊。その内1冊はすでに所有しているので、残りは3冊。
しかし、落ち着け自分。HVと言えばまずその価格の高さが特徴ではないか。ここは厳選して1冊選ぶしかない。
選ぶしか。
選……。

――選べませんでした。

結局、9号と10号の2冊をお買い上げ。しめて3,900円也v
ああぁぁぁっあたしのド阿呆~~~!!(涙)あんた来週と再来週の観劇ツアーで散財予定じゃないのぉぉぉ!?
恐るべし、Studio Life。恐るべし、高根研一(←9号お買い上げの原因)
そして恐るべし、山本芳樹!!(←10号お買い上げの原因・笑)
10号なんかインタビュー載ってるわけでもないのにね…。姜君は載ってたけど(笑)
だって、可愛いんだもん山本ユーリ。格好良いんだもん曽世オスカー。ツボなんだもん高根サイフリート…(照)←照れてどうする…。

でも、買って良かった。特に9号。
笠原・及川・岩崎・高根・姜の対談が載ってるんですけどね。
高根さんが……高根さんがぁ~っ!!(分かったよ)
やー、高根さんて本当にスター笠原に憧れてるんですね(笑)それを「間違いない」と確信させる素晴らしい記事でしたよ。詳しい感想は、また別の日記でv
一つだけ疑問だったのが、副題(コーナータイトル下の文字)。
「劇団の代表作“トーマの心臓”再演決定に際し、主要キャストを担う5人に…」とか何とか書いてあったんですけど。

……シャール/シェリー役って主要キャストか?

って思ったのは、あたしだけじゃない……と思うんですけど(汗)
……だったら山本ユーリと曽世オスカーも入れてくれ(ぼそ)

よっしゃあぁぁあぁぁぁっ!!!

2004年09月05日 23:34

まずは叫ばせて下さい。

高根さん、お帰りなさい!!!!(涙)

……と言っても復活は6日からだそうですが、何の情報も無かった時とは全然違いますよ!
公式HPにも情報UPされたし、あとは6日のソワレ、舞台の幕が無事に上がる事を待つばかりです。
何やら、夏風邪を拗らせたとの事で……。
色々意見はあると思いますが、私はとにかくこれからの高根さんに全てなので(意味不明)遠く北関東からエールを送るのみです。
そして、11日のマチネ。サザンシアターでお会い出来る事を祈っております。


そんなわけで、何となく封印していた会報ネタを。
待ちに待ったclub LIFE Vol.24。我が家に届いたのは2日でしたv

帰宅して、とりあえず初めて頂く役者手紙を堪能v
えーと、渋くて素敵な毛筆でした(笑)あんま字は上手じゃないね、山本さん…(爆)
「ドリアンに早く会いたいっ!」(←この言い方が可愛過ぎてツボだった…)
とのことですが……山本さん、それは
こっちの台詞だよっ!
って思った山本ファンは私だけじゃないハズ……(笑)

切望していたWドリアン対談は叶いませんでしたが、其々インタが載ってましたねv
……なんつうかもう、写真の可愛さにまずヤられたんですが(爆)
ていうか、ライファーになって約半年。まさか高根さんを可愛いと思う日が来ようとは……!(驚愕)
や、だってコレほんとに可愛いですよね。白いスーツにタイがこんなに似合うとは……。笑顔もやけに幼いし(笑)
コレ見た瞬間、高根ティルト(に芳樹セツ)が観たいとか思ったあたしは、もう逝くしかないですか。そうですよね(ホントにな)
あ、芳樹さんが可愛いのは言うまでもないってことでv(爆)

お気に入りを紹介するコーナーは、素敵過ぎる林さんにメロメロでした……。雪駄って(笑)しかもアーティスティックな毛筆だし。
舟見さんは相変わらずフォトジェニックですねーv

噂の「DRACULA」舞台写真。
こう来たか!……って感じでしょうか。
や、うん。タイトルロールですもんね。無駄に期待したあたしがバカでしたよ。
でも、これかなり無理矢理な合成じゃないですか?(毒)

舞台写真販売は、何を買おうか只今検討中v芳樹さんと高根さんのは絶対買いますけど(←大前提)
ていうか、高根さんの写真セットさー。
4枚中3枚が抱き合ってる写真ってどういうことよ?(笑)
たしかに、高根さんて抱き方上手いけどね(問題発言)←でも、高根さんに抱き締められてる人って妙に綺麗に見えませんか?あたしだけ?

あ、あともう1つ!
カレイドのチラシの芳樹さん、可愛過ぎ!!(はいはい…)

ぎゃーっ

2004年09月04日 23:35

……っていう悲鳴を、帰宅ラッシュの上野駅で上げながら、階段を10段以上転げ落ちた司狼匠です。こんばんはv
いやー、参りました。金曜日東京に出張だったんですが、帰りの上野駅(丸の内線)で↑みたいな状況に陥りまして。物凄く恥ずかしかったです。ていうか、恥ずかしいより本気で痛かったんですが(汗)腰強打して、今日は全く動けませんでした。今日はライフ辞書をジュニ6まで完成させるはずだったのに…。明日は練習で1日潰れるので、更新は月曜日以降になりますね…(しくしく)
日記も書きたい事いっぱいあるんですよ。会報とか、衝動買いしたHVのバックナンバーとか(しかも2冊一気に…)
腰の痛みが治まったら一気にやりますね!しばしお待ち下さいませ(平伏)

陰陽師

2004年09月03日 23:35

おはようございますv
今日の日記はスーパーハイテンションでclub LIFE vol.24について語る予定でしたが、急遽変更して、昨夜観たビデオについてお伝えしたいと思います(無駄にアナウンス調)

そんなわけで、ついに観ましたよ。
KOtoDAMA企画「陰陽師」!!
えーと、KOtoDAMA企画というのは、以前ライフに所属されていた児玉信夫さんが主宰を務める劇団(だよね?)です。
◆「KOtoDAMA企画」公式HP→http://homepage3.nifty.com/kotodama/
◆公式ファンサイト「風雅」→http://fuga.cside.com/
風雅では「陰陽師」の出演者インタビューなんかも見れますv(山本さんのすんごい髪型に驚かないで下さいね…)
で、肝心の「陰陽師」は、2000年に山本さんが客演(って言って良いのか…)された舞台です。
主宰の児玉さんが安倍晴明、やはり以前ライフにいらっしゃった浦一弘さんが源博雅。原作は勿論、夢枕獏。
「玄象といふ琵琶 鬼のために盗らるること」
「鉄輪~かなわ~」
の2話が収録されてました。まぁ、数あるエピソードでも有名な2つかな、と思います。

山本さんは「玄象」の漢多太役。
天竺にある小国の王の妾として生まれたが、戦に巻き込まれ国を脱出。琵琶の腕を買われ日本に連れてこられたが、盗賊に殺されてしまった。祖国への思いと、愛する妻・スーリヤへの想いに捕われ、鬼になってしまう。そんな役どころです。
歪めた表情で石の上に背を丸めて座り、琵琶を弾きながら(勿論フリだけど)登場した山本さんは、まさに醜く浅ましい鬼でした(それでも綺麗だったけど…)。いつもの「凛としてるけど儚い、微笑んでるけど切ない、強いけど弱い」そんな山本さんはいませんでした。
過去を回想するスーリヤとのダンス(女性と絡む山本さんは新鮮だった…笑)。
異国の人だと分かる、カタコトの台詞回し。
不気味な咆哮。
とにかく、ライフでは観る事の出来ない山本さんです。何とも言えず新鮮で、尚且つ不思議でした。でも素敵だった…。
抜群に良かったのは、晴明との戦いの場面。
激しい!そして美しい!
物凄くカッコイイ場面なんですけど、計算された動きが美しくて見応えありました。
何か、こういう山本さんもイイなぁ…。悪役とか、実は凄くハマるんじゃないかと思いました。

2話目の「鉄輪」は……割愛します。
や、話としては面白いんだけど、如何せん徳子役の女性が微妙で(以下自粛)
……林さん徳子姫で観たかった……とか思ったわたしは、もう末期ですね(知ってる)

んで、児玉さんと浦さん!
お2人がもう本当に素敵!!美しいし格好良いし上手い!!
児玉エーリクに浦ミュラー。無理でしょうけど、観てみたいです。
客演とか……無理だよね(涙)
最後に、この素敵なビデオを見せてくれたシロ嬢に大感謝v本当に有難うございました!


会報に関しては、語りたい事山ほどあるんですが、また明日以降って事でv
ていうか、読んだらぶっちゃけマジ泣きしそうになったんですけど(汗)
高根さぁ~んっ!!(号泣)

衝撃の幕開け

2004年09月02日 23:35

「ドリアン・グレイの肖像」AZUREチーム初日。
主役を演じる高根さんが急病により休演、急遽山本さんが代役を務められての開幕となったそうです。
余りの衝撃に、昨夜は殆ど眠れませんでした。何やら舞台挨拶でも詳しい説明等は無かったそうで……。
――高根さんは今、どういう病状なの?
――いつ復帰するの?
――もしかして……。
不安は膨らむばかりで、昨夜は正直かなりネガティブなとこまで行ってまい、久々に眠れない夜を過ごしました。
でも、一番悔しい思いをしているのは、きっと高根さんご本人なんですよね。
そして、山本さん。突然の代役、さぞ大変だった事と思います。
いつまで続く事なのかは分かりませんが、お身体にお気を付けて。千秋楽まで、頑張って下さい。
今はただ、一日も早い高根さんの復帰を願うばかりです。どうか両チーム共、素晴らしい千秋楽を迎えられますように。

ところで、皆様の所には続々と会報が届いているご様子。
かくいう我が家はまだなので、感想書きたくても書けません(涙)
今日にはきっと届くでしょう。明日の日記は、気持ち切り替えてテンション高く行こうと思います!

今日は、CRIMZONチーム初日(山本さん的には初日って感じじゃないかもしれませんが…)
どうか恙無く、幕が開きますように。

ハジメマシテのご挨拶v

2004年09月01日 23:36

ハジメマシテコンニチハコンバンワ。
劇団Studio Lifeを超個人的に応援するファンサイト「Moonlight Serenade」の管理人・司狼匠と申します。担当様は山本芳樹さんですv(←無駄に主張)


とうとうノリと勢いだけで作ってしまいましたよ、ライフファンサイト。
や、当初の目標だったPCサイトが当分無理っぽいので、携帯サイトでもいいから作りたかったんですよ!鉄は熱いうちに打たないとね!(使い方あってるのか?)
そんなわけで、コンテンツはまだ殆ど出来上がっていません……だって本当に勢いだけで作ったんですもの(爆)
徐々に完成させていこうと思いますので、気長にお付き合い頂ければ幸いです。
ていうか、意味不明なコンテンツ多いですよね(←我ながら)「ファンサイトなのに、レポとかは書かないのか?」とかセルフつっこみしてみたり。えーと、観劇レポは随時この日記にUPしたいと思います。

ちなみに、過去の観劇レポ(本公演以外含む)に関しては、管理人がライフとは全く関係無い別次元でやっているサイトの日記にUPしたものをこちらに再UPしますので、気が向いたらご覧になって下さい。……正直、暑っ苦しいことこの上ない暴走レポです(爆)
あと、所々話が通じなかったり問題発言してたりするんですが……生温い目でさらりと流して頂けると幸いですv


さて、世の中は「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が発売だってんで朝からニュースを賑わせていますが、ライファー的にはそれどころじゃないでよね!!

祝☆「ドリアン・グレイの肖像」開幕!!

今日のソワレで、いよいよ開幕です。
まずは、青ドリアンチーム(またはおっきいチーム)が初お目見えv
マイ初日はまだまだ先なので当分おあずけ状態なのですが、何て言うか気になって気になって仕事が手につきません(爆)
……どうか11日までブロマイドとイメージフォトが残ってますよーに!(祈)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。