スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身

2009年05月20日 20:57

20090520205751
舞台を観てあんなに泣いたのは、ミュージカル版あらよる以来かもしれない。
――ってくらいどっぷりハマってきました、初キャラメルボックス。
「容疑者Xの献身」です。

とにかく原作のファンで(ドラマ&映画も観ました)舞台化するとどうなるんだろう?と半信半疑だったんですが、いやーーーーえがったよ!!!!
キャラメルは初めてだったので、開演前は注意事項の小芝居(やる意義は素晴らしいと思うんですが、ノリについていけませんでした…)とかCMで踊ってるのに「キャラメルってミュージカルだっけ!?」と軽くおののいたんですが、始まってしまえばあの世界にどっぷり。
とは言え、ホントにラストのラストまで泣かなかったんですよ。ストーリーは知っていたし、わりと淡々と進んでいったので。
しかし石神の号泣で涙腺崩壊。カテコの西川さんが石神にしか見えず、一人でお辞儀する姿で駄目押し。終わってからしばらく涙が止まらなくて大変でした…(同行した友達が驚いていた)
今更なんだけど、これはホントに石神の物語なんですよね。裁かれるべきなのは分かっているけど、切なくてどうしようもなかった…。
朗読を多用したスタイルも、私は好きでした。分かりやすかったし、すごく効果的だった気がします。
それにしても岡田さん@湯川がめっさ素敵だった…声もさることながら、偏屈な物理学者という意味で説得力抜群でした。そして湯川にはやっぱ草薙だよ。(←こだわり)
川原さんが出てきた時は素でびっくりしました(笑)

いま無性にライフの「白夜行」が観たいです。
なぜだか分からないけど。
…DVD化、やっぱり無理なのかなぁ(泣)



というわけで、久々に舞台熱がキてます。
新納さんのブログ読んだら「LILIES」観たくなってきたので、チケット取る気です。
…今からは無理かな(汗)
ここんとこライブづいているので、舞台の予定も増やしたいですー。
スポンサーサイト

波乱の幕開け

2009年05月04日 23:42

舞台もライブも、ホントに生モノなんだなぁと思います。
第一報を聞いてからはしばらく茫然自失だったんですが、公式発表が出たので少し落ち着きました。
……数年前の秋公演、某氏の休演で開幕した時の取り乱しっぷりは酷いもんでしたが、一瞬あの状態にはなりかけました正直。
でも、どんな状態でもファンの事を考えてライブを断行してくれたジュンスとメンバー、スタッフさん達に心からの感謝とエールを送りたいです。
一番辛いのはジュンス本人ですもんね。

Show must go on !

そのプロ意識に敬意を表します。
mixiでレポを拝見したところ、怪我は軽度のものらしいです。(ステージ上で説明があったのかな)
回復具合を診つついずれ「予定していた演出」に戻るらしいので(@公式)、それを信じて。
何よりジュンスの一日も早い回復を願って。
東方神起、ファイティン!!!!



というわけで始まりました4thツアー。
やや気持ちが落ち着いたところで、セトリを探してきてPCで別フォルダに保存して、ガンガン聴きまくってます。
ネタバレはしませんが、意外な選曲でびっくりしました~。
勿論、ジュンスの怪我の影響もあっての選曲演出かも知れませんが、凄い気合いを感じる…!
まだ自分が参加出来るか否か分からないので、気持ちだけでも参加してます。
それにしてもラスト、号泣間違いなしだよ私…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。