スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/10

2011年08月10日 21:31

久しぶりに書く日記がこういうのってどうかと思いますが、どうしても書き留めておきたかったので。




先日、大切な友人が亡くなりました。
私と同い年だった彼女は、色んな縁で最終的に8人組になった地元の仲間の一人でした。
物静かで、でも大好きな事になると饒舌になって、家族をとても大切にしている人でした。
去年の暮れから体調を崩していましたが、彼女の本当の病気を仲間の誰一人として知らされていませんでした。
7日の日曜日、突然「容態が悪くなった」と連絡が入り、病院へ駆けつけた時には既に人工呼吸器を繋がれて話も出来ない状態。
そのまま、8日の月曜日に彼女は息を引き取りました。
彼女は癌だったそうです。
肺の難しい癌で(キャシー中島さんの娘さんと同じ病気だったそうです)、手術も出来ず、ひたすら抗がん剤の治療を続けていたとか。
滅多に弱音を吐かない彼女が「もう嫌だ、家に帰りたい」と零していたと聞き、どうしてももっと連絡しなかったんだろう、と今更ながらに後悔しています。
本家が遠い為、通夜・告別はしないとの事で、今日仲間全員で火葬に立ち合わせてもらい、お別れをしてきました。
正直まだ実感が湧きません。
どうして彼女だったんだろう。
悲しみを通り越して怒りすら覚えます。
こんな思いをするのはもう嫌だし、こんな思いを友達にさせるのも嫌です。

本が大好きで、テニスの王子様が大好きで、オードリーの若林が大好きだった彼女。
これからは思う存分好きな事をして欲しい。
働き通しだったもんね。ゆっくり、ゆっくり休んでね。
ずっと大好きだからね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。