スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長のランチ

2007年05月08日 17:57

デイジーに引き続き、ロミジュリでも登場の新宿放送局「社長のランチ」。
今回のお店は、新宿三丁目の『クレッソニエール』。社長のランチ初のフレンチなんだとか。
ライフからは、藤原さん・船戸さん・荒木さん・松本さん。モンタギュー親子とキャピュレット親子というコンセプト(?)だそうですが、仲悪い筈の両家もむっちゃフレンドリーに食事してました(当たり前だけど)

料理が来る前に、藤原さんから「Romeo & Juliet」の宣伝が。
テーマは「パッション」で、「喜劇の中を疾走する悲劇」を楽しんでほしいというようなお話でした。
ロミジュリってひたすら悲劇というイメージだったんですが、言われてみれば滑稽な状況の中でこそ起きる悲劇なんですよね(あとは主役二人の若さ、とか)。
ただ重いだけの話ではないようなので、倉田さんらしい、キャラクターの心の動きを機微に描いたロミジュリが期待出来そうだなと思いました。
ちなみに主役の二人ですが、「Jr.3はテンションが高く、Jr.7は初々しい」そうです。アラケン&まつしんの初々しいは分かるけど、アダルトチームは……どうなってるんだろう(笑)

その後、社長から「どうして役者になったの?」という質問が。
まつしん→映画好きのお父さんの影響。映画に出るのが目標(夢だったかも)だけど、舞台はずっとやっていきたい。
アラケン→芸能プロダクションにスカウトされて音楽をやっていたが挫折、その頃DVDで観た「ゴッド・ファーザー」のアル・パチーノに憧れて俳優に転向(受かったのがライフだった)。ちなみに曾祖父がイタリア人。
船戸さん→英会話を習ってた(?)時、他の生徒さんから誘われて初舞台。

という感じの回答だったんですが、ていうかアラケン!!!!!!!!
すごい…、経歴と言い血筋と言い意外性があり過ぎる(笑)そういやJACだかにいたってのもアラケンじゃなかったっけ?

どういう話の流れか忘れましたが、公演中の弁当や差し入れの話に。
公演中は仕出し弁当が主ですが、差し入れだか何だかの茶巾寿司がなにげに楽しみなんだとか。
差し入れは(劇場が乾燥してるから)みずみずしいものが良いそうです(笑)
この時「だけど、観に来て頂けるだけで嬉しい」と藤原さんやまつしんがせっかくフォローしたのに、
「え、綺麗事?」
とバッサリ斬っていた船戸さんが面白かったです(素敵ー!笑)

いよいよ料理が揃い、みんなで食事開始。
どの方のも美味しそうでしたが、個人的にアラケンの鶏肉料理にかなり惹かれました。ちなみにまつしんによると、
「鳥は高タンパク低脂肪で、筋肉を作るのにいい」
んだそうです。さすがチーム・イナバウアー(笑)
ここで「鶏肉が一切食べられない」王子の話が出て、ちょっと嬉しかった…(ほろり)
ていうか、お洒落なフレンチレストランで「あーん」をし合う成人男性4人ってどうなんだろう……(一緒にいる社長が気の毒だ/笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。