スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車男

2005年11月05日 23:52

昨夜のMステ、スティーヴィー・ワンダーが出演していたので思わず録画。
うおぉぉぉぉぉっ(感涙)ほんっっっとに大好きなんですよ、スティーヴィー!生声の『I Just Called To Say I Love You』に思わず涙。
……WaTの小池君の涙は何とも思わなかったのに(ヤな女)
いや、むしろ可愛い泣き顔とか思ってましたが(更にイヤ)
それにしても、レイラはほんまに歌上手いなぁ。美人だし、よく見つけたよ監督。


WOWOWでやってた「電車男」を観ました。
以下ネタバレ。










原作・漫画・映画・ドラマと、様々なメディア展開を見せた話題作「電車男」
とりあえず、映画以外は全て制覇した程度に興味があって、純粋に面白いと思う作品なんですが、一番期待していたのはこの舞台版でした。
だって主役が武田真治なんだもの。
実は、昔っから武田真治ファンでねー。一時期、いしだ壱成と人気を二分していた頃もありましたが(いつの話だよ)私は完全に武田派でした。
中でも「NIGHT HEAD」「南君の恋人」「君の手がささやいている」が特にお気に入り(年齢バレる)
……って、このままだと武田真治語りにスペースを費やしてしまいそうなので割愛しますが、とにかく武田君演じる電車男が観たくて仕方なかったんです。舞台は残念ながら諸事情で行けなかったので、WOWOWでの放映心待ちにしておりました。
で、観た感想。率直に言って、

めっちゃめちゃ面白かった!!!!

好き嫌いある演出だと思うんですが、私的にはめさ好みだった。
ストーリーは、ネットの中で語り合う場面のみで進行します。電車男と呼ばれるサエない秋葉系オタクの青年が、自分の体験をネット上の掲示板に書き込んだ事から始まり、そこの住人によって様々なアドバイスを受け、成長し、恋を実らせる。
エルメスとのシーンは、映像のみ(声は優香さん。これがまたイイ!)。それも、電車男の回想という形です。
つまり、原作通りなんですよ。原作本は、実際に掲示板で交わされていた会話をそのまま本にしたらしいですが、舞台もそんな感じ。常に物語は掲示板上のやり取りで進行する。
舞台上にいるのは、7人の男達。電車男と、毒男1~6の計7人。個性豊かでアクの強い男達のやり取りは、それだけで見応えあります。
特筆すべきは、毒男6(イケメン)の河原雅彦。ストーリーテラーの役割を果たしながら、自身も電車男を応援する住人の一人としてどんどん話しにのめり込んで行く様子が見事でした。
あと、他の毒男達へのツッコミが秀逸(笑)最初は空回りかな?と思ったんだけど、終盤に行くにつれ息が合ってって良かったです。
あと、客席との一体感がある舞台でしたね。客席いじりもあったし、一緒になって電車男を見守っているような感覚がったと思う。

で、主演の武田真治。
これがまーーーー良いっての!!!!(力説)
あの武田君(どれ)からは想像つかないオタクっぷりと、変身後の格好良さのギャップったら筆舌に尽くし難いです。
変身後のあまりの素敵さに、あたしもTVの前で撃沈だったよ…!(敗北)
引っ込み思案で女性に慣れてなくて、うじうじしてるんだけど、ここぞという時に勇気を出せる青年を、ものっすごい好演してました。
ラスト、エルメスに告白するシーンは圧巻。ていうか、武田君て昔っから“泣き”の演技が秀逸だよなー。彼の泣きに本当にやられる。泣き方がリアルというか…やたら可愛いんですよ。
そういえばあたし、山本さんの泣き演技にも弱いんだよなー…(脱線)

とにかくスピーディーな展開と飽きさせない物語で、あっと言う間の2時間強でした。
これ、再演して欲しいな…。流行りモノ的な感じがあるから厳しいだろうけど、これは是非劇場で観たい。
ていうか、生の武田真治が激しく観たくなってしまいました(愛再燃)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。