スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白夜行 第2部」東京公演・黎チーム千秋楽

2005年12月11日 23:55

「白夜行 第2部」黎チーム、マイ初日にして東京公演千秋楽だった11日。
大阪公演をすぐ後に控えているとは言え、千秋楽。そして初日から良かったとの評判は聞き及んでいたので、どんだけ良い舞台を見せてくれるのだろうと期待していた、11日のマチネ。
…………やっぱり舞台は生物で、何が起こるか分からない。
そういうものなのだと痛感した日でした。
もっとも、開演直前に起きた(というより気付いた)自身のハプニングのせいで、個人的に舞台に集中出来なかったのは大きな原因のひとつなのだけれど(涙)
それにしてもなー……ぶっちゃけ途中で
「あれ?あたし今、初日観てる?
みたいな気分になりました(爆)
前日の晦チームがあたし的には会心の一撃だったので、余計辛かったっす…(すみませんすみません)
そんなわけで、以下箇条書き雑感。ネタバレ大いにしてますので、未見の方は回れ右プリーズ。










・ハプニング続出であまりに落ち着きのない一幕だった。二幕に入り、笠原亮司が前面に出始めた所でリズムが戻り、ようやく舞台に入り込めた感あり。やはり王子は偉大だと実感した。
・だけど、一幕から曽世篠塚と高根今枝だけは揺らがなかった。素晴らしい。
・冒頭、まず岩崎雪穂が柱に激突し台詞がぶっ飛ぶ(汗)寺岡高宮に仕事を始めていいか尋ねる場面で仕事内容を説明する台詞がすべてカット。「……内容は?」という寺岡高宮のナイスフォローにより事なきを得た…けど、心底ハラハラした。客席からは笑いが起きてたけど、あたしは顔面蒼白だったよぉ…。
・岩崎雪穂、その後も動揺が続いたのか台詞が早回し、噛みまくり。うっうっ…(涙)
・寺岡高宮&岩崎雪穂夫婦。晦チームの奥田高宮&舟見雪穂より夫婦仲は良さそう。ていうか、晦チームの夫婦が怖過ぎる(んだって黎チームを観て気付いた)
・高宮&千都留カップルは、やはり黎チームがしっくりきた!!第1部の淡い恋が脳裏に甦って、無茶苦茶ときめいた。
・倉本成田は今日も(無駄に)元気だった。大好き(笑)だけど、将来がすごく心配だ。
・高根今枝、余裕があるのか所々いい具合に笑いが取れる。厭味じゃない程度なのでものすごく心地良いし、ゆえに一幕の死に様が引き立つ。
・ていうかポロシャツインのツータックパンツでも、やっぱり高根さんはいい男だと思う。
・岩崎雪穂と高根今枝の並びは見た目が絶品だ!!舟見雪穂とのバランスも好きだけど、ものすごい華やかな舞台になってた。緊迫感では晦チームのが上かな。
・岩崎雪穂。最初は落ち着かなかったけど、一幕中盤以降は戻ってきてました(当然や)
・予想はしてたけど、目の覚めるような美女っぷりに溜め息が出た。ただ、肩幅はやはりあるなぁ…と。衣装、肩パット入りなら外した方が良いと思う(余計なお世話)
・岩崎雪穂は、とっても良い奥様風。仕事より家庭を大事にしてくれそうかなーって。
・寺岡高宮に抱きつく姿はものっすごキュートだった。さすが。
・以降もずっと、見た目の華やかさ・美しさで「私は雪穂よ!」と力押しされてる感があった。良い意味でも悪い意味でも。だけどたしかに、及川雪穂とも舟見雪穂とも違う、第三の雪穂だったと思います。私の中では消化しきれてないけど、大阪では近くで観れるので(11日は2階席でした)細かい所までよく観たいと思いました。
・ラスト、振り返らないで欲しい…と思わせる雪穂だった気がする(あたし的に)全体的に雪穂独特の冷たさよりは、内に秘めていたものが滲み出ていた印象だからかもしれません。
・笠原亮司。「雪穂を最愛の人とします」と言い切る王子らしい亮司だった。
・やっぱり、昼間歩けそうな印象。したたかさはパワーアップ。
・典子を誘う一連のシーンの全く違和感なし(というより山本亮司が違和感あり過ぎ…)上手いっす、王子(何がだー!)
・ただし、典子に対する感情は一切感じられなかった。常に雪穂至上主義。でも、それこそが亮司なのだと思います。
・ラスト、刑事たちとの一連のアクションはやはりさすが!飛んでないし跳ねてないし踊ってない(こらー)
・笠原亮司だと、最期を遂げたあとのライティングに激しく違和感。岩崎雪穂が振り返るのに違和感を覚えたのは、笠原亮司の影響もあると思いました。
・河内笹垣。主宰の芝居は実は嫌いじゃないあたしですが、さすがに今回はきつかったです。関西弁のイントネーションはこの際いいから(や、良くないけど)せめて台詞回しだけでも安定させて下さい…(汗)無理にテンション上げなくても…と思う。
・深山絵理と並ぶと、おじいちゃんと可愛い孫状態だった。
・だけど、ラストは印象的だった。あの何ともいえない表情がやるせない。
・何でもいいけど、最初に「Barヤエコ」を訪れた時に無銭飲食してました。

……雑感としてはこんな感じですかね。昨日にも増して言いたい放題で申し訳ない(滝汗)
とりあえず、大阪公演があって本当に良かったです。個人的には。
だけど、大阪公演に行けない人もたーっくさんいるわけだし、正直完成度としてはイマイチだったと言わざるを得ない、今回の黎チームでした。


んで、ここからは更にどうでもいい話。
開演前に発覚したハプニングについて、ちょっぴり書いておこうかと。
今回、お泊まりで東京遠征だった私。勿論、荷物がちょっと大目でした。なので、11日にチェックアウトした後は北千住に行き、劇場近くのロッカーに荷物を入れておいたんです。
その後RINさんと合流し、開場したので入口前の喫煙所で一服していた時、突然それは判明しました。
ロッカーの鍵がない。
本当に唐突に思い出して、慌てて鞄や服のポケットを探してみるも、いくら探してもないものはない。
記憶を辿ってみたら、コインを入れた記憶はあるけど、鍵を抜いた覚えがない。
時計を見れば、開演15分前。とりあえず、慌ててロッカーに行ってみたら、多分荷物を入れたと思われる場所には鍵がかかってる。
混乱する頭。動揺する心。
そんな状態だったものの、とりあえず舞台は観たくてTHEATRE1010に戻りましたが…………いやー全然舞台に集中出来ませんでした(そりゃそーだ)
終演後、RINさん・春日さん・ふくさんに多大なるご迷惑をおかけして無事に鞄は戻ってきましたが(結局鍵を抜き忘れたいたらしい)どーーーもこの日のあたしは色々と抜けまくりでございました…。この場を借りて、皆様にお詫び申し上げます(涙)
こんな調子で大阪遠征無事にこなせるのか心配だけども(汗)大阪からあたしが戻らなかった白夜の中に迷い込んだんだと思って下さい……(とほほ)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。