スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vampire Legend【1回目】

2006年02月25日 23:57

いよいよ開幕した吸血鬼公演。
ライフを観るようになってから初めて、初日観劇を体験してきました。しかも両チーム。
以下、激しくネタバレますのでご注意下さいませ。
あ、ちなみにA・B・C・Dのキャストに名前がついてました。

A=Venom(ヴェノン)…(さそりや蜂などの)毒液
B=Vice(ヴァイス)…悪
C=Depth(デプス)…深遠
D=Doom(ドゥーム)…運命、破滅、死


だそうです。いい感じですね。いい感じだけど…

覚え辛っ!!

と力一杯突っ込んでしまいました(すみませんすみません)
そんなわけで、覚える気が一切ありませんのでA~Dで通させて頂きます…。










マチネがAチーム、ソワレがBチーム。
ダブルキャストとはここまで印象が違うものなのか!!
…と、改めて実感させられた今回の「ヴァンパイア・レジェンド」でございました。
各キャストの印象については後ほど改めて語らせて頂きますが、雑感は

A→こってり
B→あっさり


という印象。
キャスト表を見た時に予想していたのと全く逆だったので、びっくりしました。笠原さんと曽世さん……スゴかったな(色んな意味で)
そんなこってりAチームは初日1回こっきりだったのですが…うーーーん1回で充分かな(私にとっては)
Bチームは美しく耽美的な絵画を眺めている気分だったのですが、Aチームはなんというか偏った漫画を読んでいる気分だったんですよね(湾曲表現)
ぶっちゃけてしまうと、

男性同士のラブシーンは、せめて片方は綺麗系の男性でお願いしたい。

と、言ったところでしょうか(滝汗)
いや、あまりの濃さにドン退きだったんですよ、実は(涙)笠原さんも曽世さんも綺麗な方だと思いますけど……うーん言葉にするのが難しいです。
Bチームはなんかこう、お花畑を見ているようでした(痛)綺麗だったなぁ、本当に。ただ、インパクトという意味ではAより弱かったのは否めません。
つうかさー。最後のラブシーンはさー。全てをひっくるめて

山本芳樹に全部!!!!

って感じだったんですよ(ごめんなさいごめんなさい)
山本ジョージ、長めの髪をちょこっと後ろで括ってたんですけど、それを最後にシュッと取ってバサバサッてやるんですね。その美しさときたら、筆舌に尽くし難いものがあります。私なんか全身にバババッて鳥肌がたって、その後一瞬気が遠くなりました(病)
全国津々浦々の山本さんファンの方には、

とにかく凄いから劇場で観てくれ!!!!

と熱く主張したい(やめれ)
たしかに、再演LILIESもびっくりの濃いキスシーン(A>B)も凄いんだけど、それより↑の一瞬が私の全てだった…………(脱力)
そのラストシーン一歩手前に辿り着くまでの山本ジョージが終始可愛い子ちゃんだから、余計に妖艶なんですよねぇ。あの化けっぷりは見事としか言いようがない。
でも冷静になって思い出すと、ストーリーテラーとしての山本ジョージは何処か色っぽく妖しいんですよね。それはあのラストに裏づけされているからで、それに気付いた時
「やっぱり山本さんてすげぇ!!」
と思った。担当バカだけどさ(笑)
あっ、あとね!髪バサッとはまた別に、体育座りも脅威の可愛さだったんですよ!!下手で凝視してぇ!!(怖いよ)


このままだと山本芳樹語りに終始してしまいそうなので、全体的な感想も。
ストーリーは驚くほど淡々としています。山場がないというか……あえて言うならラストが山場なんでしょうけど、ゼーリヒの最期なんか言葉で語られるだけだし、ようはジョージの回想劇なんですよね。
「DRACULA」のようなドタバタ劇(爆)ではなく、どちらかと言うと「ドリアン・グレイの肖像」に近いです。
あの抑揚の無さが、2時間15分というライフにしては珍しい短さをひどく長く感じさせた気がする。私の周囲では結構「短く感じた」という意見が多かったんですが、私には長く感じましたね…。慣れてくれば(演る側も観る側も)少し違うのかもしれないけど。
かと言って、面白くないわけじゃないんですよ。それは勿論。ここ重要。
単純に、自分にとって苦手な話だったってだけかも。これは好みの問題なので、ご勘弁下さい。


あとは箇条書きで失礼します。

・笠原ゼーリヒ、迫力の美青年。
・笠原ゼーリヒの求愛行動は唐突過ぎると思います。思わず笑っちゃったじゃないか(ていうか、笑う場面ですよねあれ)
・及川ゼーリヒ、妖艶な小悪魔。
・松本子キンシーばりに山本ジョージに飛びつく。山本さん、腰お大事に。
・曽世ジョージ、田舎のおぼっちゃま。
・さすがに知的な印象。語りのシーンの安定感は抜群。
・山本ジョージ、世間知らずのおぼっちゃま。
・山本ジョージ。及川ゼーリヒに色々教えられちゃったんだろうなぁ……。パンフレットにおける倉田さんの“処女の定義”。これはまさに山本ジョージに当て嵌まると思った。
・それにしても、目を閉じた山本さんて美しい……。
・林エリザベス。思わず「初演LILIESのお母様ってこんな感じだったのかなぁ…」と余計なことを考えながら観てしまう。さすがのエレガントさです。スカートの裾捌きが見事。
・関戸ペロドン&藤原ラフォンテン、お笑いコンビみたい。
・藤原ラフォンテン、倉本校長の二の舞にならないようにね……(笑)
・ラフォンテンの台詞「まぁ元々ぼーっとしてますけどね」。Bチームの方が断然説得力あります(言うな)
・青木ペロドン&石飛ラフォンテン、見事な女子っぷり!!
・ていうか石飛ラフォンテンの頭すごっ
・寺岡将軍。うーーーーーん頑張って!!!!(涙)見た目は抜群なんだけどなぁ…。
・奥田将軍。言い辛そうな台詞を難なくこなしてらして、素晴らしい滑舌を披露。髭似合いますね!
・ところで、この将軍。高根さんで観たかったんですけど…。
・三上ヴェルト。……女の子?
・松本ヴェルト。少年役が板についてます。
・なんでもいいけど、何でヴェルトって女性パートで踊るんですか?(素朴な疑問)
・青木真ちゃん。アキバっぽい!!(笑)
・関戸真ちゃん。ふつうに格好良かった(笑)
・下井陽ちゃん。イケメンだなぁ、下井さん……。ヘッドフォンとiPodがリアルにイケメン(え)
・関係ないけど、友人が「スタイル良い!!」と絶賛しておりました(笑)
・大沼マーティン。ものっそ頼り甲斐のある召使さんです。
・深山ジョージ。すげぇっ!!!!と叫びたくなるくらい子供。白いネグリジェ似合い過ぎ。やはり深山さんは地毛が一番可愛いです。
・ところでマチネでは惜しげなく披露していた美脚が、ソワレでは見えなくなっていました……残念(どこを見とるのだ)
・河内司教。……ビロドー!?(違)
・船戸従者。舟見ママに手紙を持ってくるシーンで、思わず永山先輩を思い出してしまいました。永山ターンをしだすんじゃないかとドキドキでした(有り得ません)
・篠田従者。レンフィールドを彷彿とさせる外見で、心が思わずトランシルヴァニアに飛びかけた(落ち着いて)
・舟見ゼーヒリママ。面白過ぎ(笑)あの変な手の動きは一体!?
・行商人一家。姜さんが脅威の美女っぷり。でもヅラは及川雪穂のものだと思われます(笑)深山さんがこれまた可愛い!!岩崎さん、楽しそう…。
・吉田村娘。出番少なっ!(涙)
・牧島医者。まっきーはやはりお医者様が似合います(しみじみ)
・河内画商&運搬人たち。営業スマイルがナイスです。
・肖像画。笠原さんのが似てたかも?
・追憶の舞踏会。断然Aチームが好き!!!!Bチームでメイン演じてる時より断然濃いです(笑)ていうか、山本さん。その手の動き好きですねぇ…。
・Bチームは、血を吸われる笠原さんが新鮮でした(笑)
・佐野ヴァンパイア。今回のMVP!!素晴らしい身体能力です。カッコイイ!!それに、たまにチラッと見えるお顔の美しい事と言ったら…大好きだーーーー!!!!
・ソワレでは、行商人が落とした赤いショールを側転しながらさりげなく回収。グッジョブ!!思わずガッツポーズしてしまいました。
・仮面舞踏会。『威風堂々』でワルツを踊るのは如何なものかと…(汗)3拍子の優雅なワルツが観たかったなぁ。
・なんでもいいけど、舞踏会の岩崎さんと姜さんがめっさカッコイイです。
・下井ドクター。ラブ眼鏡!!だけど、台詞回しが聞いててちょっとコワい(涙)
・石飛医師。もぐろふくぞうかとおもいました…………。
・藤原医師。ダンディ。普通に男前です。
・セット。舞台を囲むように額縁のような柱。内側の柱にはコウモリや狼。両サイドから中央へ降りる階段。中央は可動式。背景の木陰が美しい。
・ただ、ストーリー展開はアートスフィアよりサンモール向きの印象。「DRACULA」では派手な演出をしてほしい。
・音楽。相変わらず素晴らしい選曲センスです。ポップスとクラシックの使い分けが見事。
・衣装。山本ジョージ、ジャケット長過ぎでは……(汗)
・笠原ゼーリヒと及川ゼーリヒのデザインの違いが絶妙。
・舟見ママのドレスが素敵!!!!


【物販】
○「ヴァンパイア・レジェンド」&「DRACULA」パンフレット
○ブロマイドセット
○イメージフォト(9種類)
・笠原ゼーリヒ&及川ゼーリヒ&岩崎ドラキュラ&姜ジョナサン
・笠原ゼーリヒ&及川ゼーリヒ
・岩崎ドラキュラ&姜ジョナサン
・笠原ゼーリヒ
・及川ゼーリヒ
・岩崎ドラキュラ
・姜ジョナサン
・曽世ジョージ
・山本ジョージ
○フォトアルバム
○DVD(LILIES、DRACULA、ドリアン)
○CD(遺る★)
○トランプ
○写真集「Troubadour」
○Studio Lifeカレンダー(壁掛け、卓上)
○姜暢雄カレンダー
○20周年記念ペンダント(及川健デザイン)
……こんな感じだったと思います。間違ってたらごめんなさい(汗)
ていうか、チラシと一緒に入ってるグッズ・アンケートに書いてありますよね。あは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。