スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話。

2006年02月02日 22:30

恒例、ドラマ「白夜行」感想。




ますます江利子の存在感が薄くなっていく……。
篠塚の「いざと言う時にダンスぐらい踊れる人間が~」っていう台詞。江利子じゃなくて雪穂のキーワードになっちゃってるよ。
……そこまでして雪穂を篠塚に恋させたいのか。
そりゃあ人間だから色んな人に惹かれるのは当たり前だと思うけど、相手はあの唐沢雪穂だしなぁ…とか思うと首を傾げざるを得ないかな。これは、私の中の雪穂像と激しく食い違ってるからなんですけど。
篠塚に惹かれるのはいいけど、あんなフツーに恋されちゃうとちょっと「誰この人」とか思ってしまった(滝汗)
舞台第1部のパンフレットで東野さんが
「二人は二人の大切なものを守る為なら、好きでもない人間と結婚することさえ厭わない」
みたいなことをおっしゃってたんですが、ドラマではここまでの“純愛”は書かないんですかねぇ。
そもそも“純愛”ってなんなんだ…………よく分かりません。

柏原篠塚。
まだ初登場なんでよく分かりませんが、どことなく軽薄なムードが漂っていて嫌な予感。
だけど、篠塚一成だしね!来週からに期待!
とりあえず雪穂に嵌まるような男にだけはしないで欲しいです。

大塚江利子。
ますます天然無神経女になってて、この人が誰なのかすら分からなくなってきました。この子にあの篠塚が惹かれるのか?マジで?
来週が怖い…………。

渡部まっつん。
ますます小者化していて、むしろ楽しいです。これはこれでアリだと思う。
ドラマにおける数ある原作からの改変の中で、数少ない許せるポイントだったりして(笑)

的場榎本。
ちょっとチンピラっぽい匂いもしましたが、迫力はさすが!
出番少ないのがもったいないかも。

奥貫奈美江。
うおーーーーこの人好きだーーーー。
憂いのある目がたまらなく色っぽくて好きです。友彦がときめいちゃうの分かる。
もっとがっつり、友彦との絡みが見たかったです。
「奈美江さん…しますか?」
「生まれ変われると、いいなぁ」

がめっちゃ好きだったので、あれをカットされたのは残念無念。
なんでもいいけど、奈美江の部屋にあった亮司の似顔絵を見て、笹垣が事件への亮司の関与を疑うっていう設定はいくらなんでも無茶なんじゃ…。

小出友彦。
ノリは軽いけど、友彦は友彦でした。嫌いじゃないかも。
まだ出番あるんですかね?

そして、山田亮司。
前半→よっしゃ原作亮司きた!!!!
後半→うわぁぁぁぁ元に戻ったああぁぁぁっ
……そんな感想。
いやだって、先週「甘やかしたい」っつったんだから、別に雪穂が誰に恋しようと文句言えねぇだろテメェはとか思っちゃって(以下略)
でも、原作に近い人物像だった前半は良かった。関西弁じゃなくてもいいやもう(諦めた)

来週の見所は、かっしー篠塚が
「濡れネズミ、助けようか?」
を言うか否かですな!ていうか聞きてーー!!(笑)
…まぁ、あっさりカットされる予感たっぷりですけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。