スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRACULA【1回目】

2006年03月04日 20:12

本日マチネ、「DRACULA」の…………えーっとDepth?Doom?
とにかく、Cチームを観てきました(てきとう)
以下、容赦なくネタバレしている上にかなり忌憚のない意見なので、何卒ご注意下さい。










約2年ぶりの「DRACULA」。
脚本はほとんど変更なく、音楽もほぼ同じです。客席の明かりが落ちて音楽が流れてきた時、感覚が2年前にふわーっと戻っていくのを感じました。
もっとも、あの時とは空間の広さが全く違いますけど…。いやー天井高い!さすがアートスフィアです。

セットは基本的に「ヴァンレジェ」と同じ。左右から中央に下る階段と、下手からは可動式の小さな階段。
それと中央に階段が追加されてました。この辺、再演のセットと似てますね。そうそう、段中央には窓やドアが出てきたりもします(ルーシーの部屋と、ジョナサンが飛び降りるドア)
そういえば「ヴァンレジェ」では使われずじまいだった、上手のドアと下手の抜け道。こっちで使われてました!(安心した・笑)
「ヴァンレジェ」では木陰だった背景には、断崖にそびえ立つドラキュラ城。それから、赤いコウモリのシルエットが映し出される場面もありました(ルーシーの最初の吸血シーン)
サンモールでの再演では、羽音だけだったコウモリの表現も、今回はスポットライトで何かが飛んでいる様子を表したり。アートスフィアに合わせた演出になってました。

そう、アートスフィアと言えば!!
ありましたよ~、アートスフィア恒例のフライング!(笑)岩崎ドラキュラ伯爵、なんとフライングで登場です。
例の「カルミナ・ブラーナ」が流れて中央のドアがバーンッと開いたと思ったら、舞台奥からワイヤーで吊された岩崎ドラキュラがふわ~っと飛んで現れました。
…………ごめん、ぶっちゃけ吹き出しそうになりました(滝汗)登場シーンの演出は再演のが良かったなぁ…。
あとフライングってわけじゃないんですが、レンフィールドの死体が天井から吊されてました。や、多分人形だと思います(当たり前です)あれ見てたら、映画の「シックスセンス」思い出した。なんでだ?

さて前述しましたが、脚本の大幅な変更はなし。なので相変わらず、ドラキュラが登場するまでが長いです。そしてジョナサンはもっと後。
なんていうか……一幕が壮絶に長く感じた(汗)今回、個人的に舟見アーサーと深山ルーシーにめちゃハマりで、一幕でルーシーが死ぬ所がクライマックスだったんで、そのせいもあるかと思います(二幕も二人のシーンでテンション最高潮になり、あとは下がる一方で辛かった…汗)
今思うと「ヴァンレジェ」ってホントに短いんですね~。

で、以下は箇条書きで失礼します。自分がレポ書く為の備忘録なんで、多分読んでもよく分からないかと(おーい)

・岩崎ドラキュラ。やっぱり再演と同じヅラだった……地毛で見たかったよーーーー!!!!(涙)あと、歌舞伎のようなアイラインと口紅はどうかと思う。
・吸血直前の表情を過剰に作り過ぎている感あり。
・何というか……凄く申し訳ないんだけど、全体的にわざとらしく感じました(すみませんすみません)特にジョナサンとのシーン。岩崎さんなりの「人間ではないもの」の演技なのかもしれないけど、不自然に見える箇所が多すぎて…実はさっぱりハマれませんでした。今まで岩崎さんの男役にハマれないって事がなかったので、自分でもかなりショックです(涙)
・姜ジョナサン。山本ジョナサンの追随型とお見受けしました。もちろんビジュアルは全然違うんだけど、雰囲気が似てるなぁと感じました。
・それにしても、アクションは相変わらず絶品です!!惚れ惚れするようなキレ味の良い身のこなしに感激。
・声がすでに枯れ気味なのが気になる……ががが頑張って!!(汗)
・舟見アーサー。もーーーーめちゃめちゃカッコイイ!!素敵過ぎ!!柔らかな物腰、優しい声、穏やかな表情。育ちの良さがにじみ出ていてうっとり。深山ルーシーへの愛情も分かりやすく、ルーシーを失い慟哭する場面では思わずこちらまで視界がにじみました。
・本当にハマり過ぎて、ふと数ヶ月前に観た夢を思い出しました…………(蒼白)
・佐野キンシー。再演より断然キンシー化が進んでました!爽やかさにアメリカンな軽快さが加わり、本当に素敵。アクションのキレも抜群で、安心して観ていられました。
・ただ、ツガニー人との戦闘シーンでうっかり姜ジョナサンに見とれてしまい、佐野キンシーが刺された瞬間を見逃してしまいました…!(ショック)
・牧島セワード。やたらオーバーアクションになってたんですが、この2年で彼の身に一体何が!?(違)牧島さんに笑わされる日が来るとは…(笑)
・三上ミナ。見た目は抜群に可愛いんですか、如何せん話し始めると…………(滝汗)もう少し抑揚をつけて、それからゆっくり喋って欲しいです(生意気言ってごめんなさ…!汗)
・深山ルーシー。再演より数段パワーアップ!!とにかく可愛いです。鬘変えて正解ですよ~vv
・吸血鬼化してからの迫力が満点!!あの辺の演じ分けはさすがですね。
・舟見アーサーと深山ルーシーにとにかく泣かされた…。とても可愛らしいカップルで、バランス良かったと思います。舟見さん渾身の姫抱っこにも爆笑(笑)
・港の人々。何気に豪華なここのキャスティング(笑)再演では当時のフレッシュ君達が喚くばかりで何言ってんだか分からなかったんですが(爆)今回はしっかり聞き取れました!有難う先輩たち!(笑)
・下井&大沼看護師。色んな意味でパワーアップ!レンフィールドを捕まえるのに結構なアクションがある、なかなか迫力ありました~。ていうか大変そうだった(笑)
・松本テレサ。これまた再演より数段パワーアップ!!(歓喜)ただ間を繋ぐだけでなく、ニンニクの花で花占いをやるなど、なかなか小芝居がきいてて楽しませてくれます(そして船戸ヘルシングのツッコミが絶妙)ていうか君、牧島セワードに恋しちゃってるね!?(笑)
・駅の人々。噂には聞いてましたが、いやーーーー無駄に豪華!そして脇役を満喫し過ぎ!!(笑)ジョナサンがいつ旅立ったのかさっぱり分かりませんでした…(遠い目)
・ツガニー人。やっぱりリーダーはリョーキチさんなんだね!(嬉)いやーツガニー人もパワーアップしてましたよ。姜ジョナサンを「キッテ!」と認識してるのには爆笑。リョーキチさんにマジ殴られなせっきーが可哀想でした(笑)
・松本子キンシー。ああぁぁぁやっぱり可愛い!!(打ち震え)テレサと相まって、まつしん絶賛ブーム中です。
・そうだ。ラストの姜ジョナサンパパ、衣装変えてくれないのかな…時の流れを全く感じられないので、子キンシーの登場が唐突に感じました。
・魔女。予想通り(ていうかそれ以上)のキョーレツキャラに唖然、そして感服。再演の時より衣装がちょっぴり可愛くなってました(笑)
・藤原ホーキンズ。納得の上司キャラ(笑)
・倉本レンフィールド。ともすれば軽快になりがちなヤングチームに、いい感じの重さと安定感をプラスしてくれて本当に良かったです。再演より逃げ方がパワーアップしてました!あと、どこか存在としての切なさが漂っていて、倉本さんの存在感を改めて感じました。
・船戸ヘルシング。相変わらずの素敵教授で思わずうっとり。倉本さんと共にヤングチームを力強く牽引してくれていたように思います。
・牧島セワードとのバランスもGood!二人の軽妙なやり取りが、良いリズムを作ってくれてました。
・黒子。やたら豪華なメンツでした…カテコでフードを脱いだ瞬間、悲鳴を上げそうになりました(落ち着いて)ていうかラストポーズの山本さんがーーーー!!!!(なんなんですか)

雑感としてはこんな感じです。
まだDチームを見ていないので何とも言えませんが、バランスとしては非常に良かったように思います。とにもかくにも舟見アーサーと深山ルーシーが…!(分かったから)
正直なことを書けば、ドラキュラとジョナサン、そしてミナにさっぱりハマれなかったので消化不良は否めないのですが、周囲を固める人達がとても良かったので3時間乗り切れた感じです。
あーーーーC追加したい!!!!(舟見アーサーと深山ルーシーのために・笑)

ソワレのDチームに後ろ髪を引かれたんですが、今日は大人しく帰路につきました(てなわけで現在高速バスの車中です)
友人達が軒並みソワレ観劇なので、とりあえず感想の報告を待ちたいと思います。
山本キンシーとか山本キンシーとか山本キンシーとか笠原アーサーとかね(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。