スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍者イリュージョンNARUTO-ナルト-

2006年05月06日 19:38

4日ぶりの東京。
……GWは東京か練習か引きこもるかって感じなんですが、どうなのよそれ(自問自答)
それはともかく、行ってきました「忍者イリュージョンNARUTO-ナルト-」
五反田ゆうぽうとは初めてかと思ってましたが、外観を観たらテニミュで一度来ていたことを思い出しました。シロはちゃんと覚えていたのにな……記憶力がかなり退化してる(汗)
行く前はどんな客層なんだろう?って疑問だったんですが、予想以上に家族連れが多かったです。内容的にも子供が楽しめる感じでした(もちろん大人も楽しめますが)
それでは、細かい感想は改めてしますが大まかな雑感を。ネタバレです。










まずは、タイトルにまでついて激しく主張されていたイリュージョン。
…………ぶっちゃけ「こんなもん?」という印象なのは否めませんでした。
や、ものすごいのを想像してたんですよ。プリンセス天功だし、火がバーンッて燃えたりとか人が消えたりとか。
たしかに火を使ったり人が神出鬼没に現れたり消えたりはしていたのですが、ほぼタネが見えてしまう状態だったので、イリュージョンと銘打つ程ではなかったのかも…と思います。
そもそも、プリンセス天功さん自身が行うからあの奇想天外なイリュージョン(て、テレビでしか観た事ないけど)が出来るわけで、出演者の方々はその部分に関しては素人だしね。タネがバレないようにっていうのは難題だったのかもしれません。

それより凄かったのはアクション。
これはかなり派手で、レベルも高かったんじゃないかと(あまり詳しくないのでよく分かりませんが…)。MAの4人はもちろん、サクラを演じた茉奈・佳奈ちゃんがかなり身軽。軽やかに殺陣をこなしていてびっくりしました。

そういえば、ミュージカルでしたよ!!完全にミュージカル。ノリはテニミュに近い感じで。
イリュージョンが前面に押し出されていて気付かなかったのですが、どうやら今回は「ファミリー・ミュージカル」ってことだったみたいです。
ミュージカルなので、バリバリ歌うわけですよ。
歌はやはり、抜群に岡さん・新妻さん・愛華さん・尾藤さんが上手かったです。や、上手いとかいうレベルですらなかったです。格が違うって感じで。
MAでは秋山さんがやはり上手かったです。歌だけでなく、演技も頭一つ抜け出た上手さ。
屋良さんと町田さんはヴィジュアルは申し分ないのですが、如何せん歌が厳しかったです正直(汗)米花さんは下手じゃないんだけど若干弱い印象(声量が)大阪も含めてまだまだステージが残っているので、頑張ってほしいです。
意外だったのは茉奈・佳奈ちゃん。高音が伸びやかで音程も安定してるし、びっくりするくらい上手い!!そして二人が一緒に歌うところ、さすが双子ってくらいシンクロしてます。
岩崎さんはほんのちょっぴり歌ってました(笑)ワンフレーズだから、上手いも下手も分からないよ……。

あと面白かったのが、冒頭とラストに登場するアンサンブルの皆さん。
すっごい原作に忠実!!!!
あんなにちゃんとヴィジュアル作ってるなら、役名載せてあげてくれーーーー!!!!
と、思わずじたばたしてしまいました。原作知らない人はあれですが、原作ファンにはたまらない激似っぷりです(特にリーとガイ先生…笑)
“おいろけの術”と“多重影分身の術”も凄かったなぁ。あれは必見ですよ。特に“おいろけの術”……子供に見せられるギリギリ(つかアウト)だった(笑)
なんでもいいけど森貞さんと田口さん(だと思う)は上忍で出番も多かったのに扱いが…………とかちょっと思った(涙)

ストーリーはオリジナルだったんですが、あれだったら原作知らなくても大丈夫!!っていう良い構成だったと思います。
テンポもいいし、2時間半飽きずに最後まで観れました。
勧善懲悪じゃない(ですよね?)のもいいな。新妻さん演じるワカの歌がかなりポイントなんですが、クライマックスでの熱唱には思わず胸が熱くなったり。
そして、やはりナルトの真っ直ぐさが観ていて清々しかったです。
レギュラーの二人が、いい感じに笑いとグダグダ感を与えてくれて(笑)そこに岡さんが加わると最強って感じでした。李舟は彼らを「三馬鹿トリオ」呼ばわりしてました……(でも納得)

そして、我らが岩崎さん。
出番は正直少ないです。顔もほとんど見えません(カカシ先生だしな…)
だけど、無茶苦茶格好良かったです
周りではちらほら「あの役(顔が見えないし)誰が演じても同じじゃん」という意見もあったようですが、いやいやいやいやあれは岩崎さんだからいいのよ!!!!と熱く主張したいです。
だって抜群にスタイル良過ぎなんだもの。
頭身が違うんですよ!脚が長いんですよ!!顔が小さいんですよ!!!(暑っ苦しい)
あと台詞少ないけど、声がいいんですよ(うっとり)
カカシ先生なので神出鬼没率はダントツで、登場はいつも唐突なんですが、大体声が先に響くんですよね。その良さと言ったら…!!(打ち震え)スピーカーから岩崎さんの声が響くたびに心中大絶叫でした。
あと、身のこなしのスマートさがカカシ先生に合っていた気がします。ご一緒させて頂いた方がおっしゃってたんですが、ドラキュラ伯爵を演じた後で、優雅な身のこなしが身に付いていたのが功を奏したのかも。
あとね、何と言ってもカーテンコールがもうかわいくてかわいくて!!!!あの変な踊りもいとおしいってなもんです。
そんなわけで、予想はしてましたが完全にK.O.されました。今空前の岩崎さんブーム到来中です(笑顔)
あまりにハマり過ぎて、終演後のテンションたるや尋常ではなかったです(その時の記憶殆どないし…)ぶっちゃけ一瞬担当様を忘れました(爆)
や、あたしって0か100しかない人間なんで…(今はちゃんと山本さん100ですよ)

というわけで、大満足な舞台でした。頭使わないで楽しめる舞台っていいな。
かなり激しいアクション満載なので、大楽まで怪我なく頑張ってほしいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。