スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百色眼鏡及ビ賣笑エクスタシー

2006年10月25日 22:01

20061025220148
ラーメンズ好きで椎名林檎姫好きなAさんから借りて、観ました。
「百色眼鏡」と「賣笑エクスタシー」。
今現在進行系でノスタルジックな林檎姫ワールドにどっぷり浸っております。
どちらもなかなかに難解な作品(「賣笑エクスタシー」はライブだが)だったので、感想を簡単に。

まずは「百色眼鏡」。
いやはや不思議なお話でした。何となく自分なりに解釈したつもりですが、観る人によって全然違うお話なんだろうなぁ。
天城を演じる小林賢太郎氏は「LENS」の時とはまた違ってなんか新鮮でした。映像だからかな?……当たり前だけど。
クールでひょうひょうとしつつ、楓(と女)に心惹かれる過程を、実に知的に演じてらっしゃいました。
最後、
「葛城楓さ。……僕にとってはね」
と呟くんですが、その時の表情がなんとも叙情的でね。且つ、切なくてきゅんとしてしまったり。
やはり賢太郎さんは素敵だ!!!!(力説)
小雪さんは、ひたすら美しかったです。幻想的で儚くて、日本人離れしたスタイルと和の美が絶妙に混在。もう奇跡、奇跡だわ。
あの声で、目で、
「天城さま」
だもんなぁ……そりゃあ天才天城も堕ちるわ。

そして「賣笑エクスタシー」。
林檎姫のライブなんですが、これがまあ凄いのなんのって。
ハイクオリティー!!
めちゃくちゃ凝った構成、完璧な歌と演奏、知的なトーク。
圧巻です。
曲は全てストリングスでアレンジされ、ジャズテイスト。これがまた退廃的な林檎姫の雰囲気にベストマッチ!特に「歌舞伎町の女王」は最高でした。
それにしても林檎姫、美しいわぁ…。顔だけでなくスタイルもいいのね(うっとり)
ちなみに、ライブ冒頭では天城に扮した賢太郎さんが登場。むっさ可愛かったです(笑)
いいなぁ、生で天城さま…。

ここからはライファーの戯言。
「百色眼鏡」をライフでキャスティングしてみました(ヲタクライファーの基本です)
葛城楓:舟見さん
天城:高根さん
駒形:山崎さん
女:山本さん
いつものことですが、ものすごく趣味に走ってみましたvv(爆)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。